ここから本文です

リバプール、オランダ代表10番の獲得を発表。5年契約で移籍金は34億円超に

フットボールチャンネル 7/23(土) 10:30配信

 リバプールが、ニューカッスルから25歳のオランダ代表MFジョルジョニオ・ワイナルドゥムを獲得したことを発表した。クラブのオフィシャルサイトには”長期契約”とだけ記されているが、英メディア『BBC』によれば、2021年6月までの5年契約で、移籍金は2500万ポンド(約34億8000万円)になるとのこと。

【写真】魅力的すぎる欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ワイナルドゥムは昨季公式戦40試合に出場し11得点を記録している。一人でチーム総得点の4分の1のゴール数をたたき出しておりチーム得点王となっていた。ニューカッスルとは2020年6月までの契約を残していたが、2部に降格したこともあり引き止めることが難しかったようだ。

 リバプールのオフィシャルサイトを通じてワイナルドゥムは「リバプールは偉大な歴史を持つビッグクラブと思っている。常にリバプールのように大きなクラブでプレーしたいと思っていたし夢だったんだ。僕はとても興奮しているよ」と語り、リバプールに加入できたことを喜んでいる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/23(土) 10:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。