ここから本文です

EUROで活躍のフランス代表MFに数クラブが興味。45億円のオファーも

フットボールチャンネル 7/23(土) 15:20配信

 フランス代表としてEUROで活躍を見せたムサ・シッソコに対して、トップクラブが興味を示しているようだ。英紙『リバプール・エコー』が報じている。

【動画】中村俊輔の“魔法の左足”は世界4位! メッシをも凌ぐフリーキッカーに認定される

 シッソコは2013年1月にフランスのトゥールーズからニューカッスルへと移籍。加入後は中盤を支え、プレミアリーグで118試合に出場し、11ゴールを挙げている。しかし、昨シーズンニューカッスルはチャンピオンシップ(イングランド2部)へ降格してしまった。

 先日開催されたEUROでもフランス代表として選出され、3試合にフル出場。ポルトガルとの決勝戦では110分出場した。

 そのシッソコに対し、ロナルド・クーマンが新たに監督に就任したエバートンが3500万ポンド(約45億円)のオファーを提示。また、中盤の補強を図るアーセナルも興味を示している。

 また、イタリア王者のユベントスもポール・ポグバがマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する可能性が高く、その代役としてポグバの獲得を狙っているようだ。

 EUROの舞台でも実力を見せたシッソコ。中盤の補強を考えているクラブの人気銘柄となっているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/23(土) 16:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。