ここから本文です

若手積極補強のバルサ、今度はアルゼンチン期待のアタッカーを確保へ

フットボールチャンネル 7/23(土) 20:30配信

 サミュエル・ウンティティやリュカ・ディーニュなど、今夏の移籍市場で若手を積極的に獲得しているバルセロナ。今度はアトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン人FW確保に動くようだ。

【写真】魅力的すぎる欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 スペイン紙『ムンド・デポルティボ』によれば、バルサは細かい条件面の交渉こそ残されているものの、アトレティコから22歳のFWルシアーノ・ビエットを移籍金2200万ユーロ(約26億円)で獲得することで合意したという。

 一昨季ビジャレアルでブレイクしたビエットは、昨夏鳴り物入りでアトレティコに加入した。しかし、ディエゴ・シメオネ監督の下では持ち味を生かしきれず、リーグ戦19試合に出場しながらわずか1ゴールにとどまっていた。

 それでもバルサはポテンシャルを高く評価しており、アトレティコがビジャレアルから引き抜いた際よりも高額を提示した。当面はリオネル・メッシやルイス・スアレス、ネイマールらのバックアップを務めることになる。

 一方で、当初今夏のターゲットの1人と見られていたセビージャのFWケビン・ガメイロ獲得は諦めたようだ。29歳という年齢に見合わない4000万ユーロ(約47億円)という高額な移籍金が障害になったと見られる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/23(土) 20:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。