ここから本文です

【J1採点&寸評】横浜 1-1 磐田|ミドルを突き刺した川辺も「7」だが、逆転弾を許さなかった横浜の守護神をMOMに

SOCCER DIGEST Web 7/23(土) 23:30配信

横浜――MOMの榎本は鋭い反応でビッグセーブ連発。

[J1第2ステージ5節]横浜 1-1 磐田/7月23日/日産ス
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6
開始直後は相手のハイプレスにリズムを掴めなかったが、徐々に盛り返し、幸先良く先制点をゲット。その後もペースを握り、追い付かれた後も相手ゴールに分厚く迫ったものの、決定力が足りず、勝点3を奪うには至らなかった。
 
【横浜|採点・寸評】
MAN OF THE MATCH
GK
1 榎本哲也 7
アダイウトンの至近距離からのヘッドをはじめ、多くのビッグセーブで勝点1に大きく貢献。鋭い反応と思い切りの良さが光った。失点は相手を褒めるしかない。
 
DF
13 小林祐三 6
序盤は守備に軸足を置いていたが、時間の経過とともに攻め上がる回数が増える。ただ、クロスの精度がやや足りなかった。
 
22 中澤佑二 6.5
ジェイ、アダイウトンの強力2トップをシャットアウト。先手を取るディフェンスで、フィジカル勝負で引けを取らなかった。
 
5 ファビオ 6
エアバトルで優位に立ち、クロスも弾き返してピンチを阻止。ビルドアップでもう少し工夫が欲しかったか。
 
24 金井貢史 6.5
タイミングの良いオーバーラップで左サイドの攻撃に厚みを加える。齋藤との連係も息が合っていた。
 
MF
28 喜田拓也 6
2トップを監視しつつ、鋭い出足で前に出てボール奪取を狙う。相手GKを慌てさせるミドルも放った。
 
8 中町公祐 6
簡単にクリアせず、味方につなげるヘディングでのパスは見事。中村のクロスに飛び込んだ34分のボレーは決めたかった。
 
20 マルティノス 6
サイドチェンジや縦への果敢な突破でチャンスを演出。最後まで相手に脅威を与えたが、勝負どころで抜き切れない場面も。
 
10 中村俊輔 6
中盤でのインターセプトから、先制点をアシストしたマルティノスにパス。得点に絡む活躍も、何本ものCKは相手に防がれた。
 
11 齋藤 学 6
86分の中村のクロスに頭で合わせた決定機は決め切れず。持ち味のドリブル突破でバイタルエリアまでは迫ったが、ゴールは遠かった。

1/3ページ

最終更新:7/23(土) 23:58

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。