ここから本文です

ジャスティス、5年ぶりのサイケデリックな新曲を公開

ローリングストーン日本版 7/23(土) 16:00配信

2011年作『オーディオ、ヴィデオ、ディスコ』以来初となる、フレンチ・エレクトロ節全開のスラップベースが鳴り響く新曲を公開!

【動画あり】ジャスティス、5年ぶりのサイケデリックな新曲を公開

フレンチ・エレクトロ・シーンを代表する2人組、ジャスティスが5年ぶりとなるファンキーな新曲『セーフ・アンド・サウンド』を公開した。「用意はいいか しっかり捕まれ 暗闇の中走り出す / 前を向け 決して怯むな 音速で駆け抜ける」というフレーズが印象的なこの曲は、フィンガースナップとシンセストリングス、フュージョンジャズを思わせるシンセサウンド、そしてパトリース・ラッシェンが1982年に残したクラシック『フォーゲット・ミー・ノッツ』にもひけをとらない強烈なスラップベースが響きわたる、壮大なサイケデリック・ディスコとなっている。

ピッチフォークによると、2011年作『オーディオ、ヴィデオ、ディスコ』、そして2013年発表のライブアルバム『アクセス・オール・アリーナ』以来初となるこの新曲は、6月にバルセロナで開催されたソナー・フェスティバルに出演したエド・バンガー・レコードの創始者、ペドロ・ウインターのDJセットでもプレイされていたという。

待望のサードアルバムについての情報はまだ公表されていないものの、彼らが近いうちに何らかの動きを見せることはまず間違いなだろう。4月にはフランスのインディーレーベル、ビコーズ・ミュージックがジャスティスとレコード契約を交わしたと発表し、以下のコメントとともに2人の写真をツイートしていた。「彼らとの新たな冒険に、心から興奮している」

Translation by Masaaki Yoshida

Ryan Reed

最終更新:7/23(土) 16:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。