ここから本文です

約束を破った子どもにすべきこと

R25 7/24(日) 7:00配信

約束を破った子どもにすべきこと

写真:R25 約束を破った子どもにすべきこと より

「何度も同じことを言っているのに、なぜ忘れるの?」
「なんで約束が守れないの?」

これらは、多くのママがよく口にしてしまうセリフ。約束を守れなかったときに親は子どもにどう接し、何を教えると良いのだろうか。マザーネット代表取締役の上田理恵子さんは言う。

「約束を守れなかったときに頭ごなしに叱ってもダメです。本人も頭ではわかっているのに、どうしてもやってしまう、身体がついてこないこともあるからです」(上田さん 以下同)

例えば、「ゲームは1日30分なのに、やめられなかった」「宿題をしようと思ったのに、眠くてできなかった」というケースはよくあること。そのとき、忘れてはいけないのは、感情的に怒らないことだという。

「怒るのは、自分自身の感情のためだけであって、子どものためではありません。『子どものため』という目線を忘れず、相手がリラックスした状態のときに、約束を破った理由を聞いてみるようにしましょう」

●どうしたら守れるようになるかを親子で考える
約束を破った理由を聞いてみると、「自分はすぐに約束を忘れてしまう」「つい遊びたくなってしまう」などの理由が出てくることが多い。その場合も怒らず、「じゃあ、どうしたらできるかな」と一緒に考えることが必要だそう。

ところで、約束をするとき、子どもの側でも「自分にばかり厳しく言うけど、ママだって…」と不満を抱くことはある。

「そんなとき、『大人は良いの!』と棚上げし、『大人は良いなあ』と憧れを抱かせる方法もひとつにあります。でも、子どもが納得しないのであれば、『お母さんも本当はゲームをもっとやりたいんだけど、我慢する。だから、一緒に1日〇分って決めよう』などと一緒にルールを作るのも良いでしょう」

また、「約束を守れなかったときのルール」をあらかじめ決めておくのもオススメだという。

「例えば、『ゲームは1日〇時間まで。守れなかったらゲーム没収』など。特に誘惑に負けやすいタイプの子の場合、自分でルールを書かせ、学習机の前に『誓いの書』として貼っておくと、ゲーム感覚で楽しめますし、後々に思い出になると思います」

わかっていてもどうしてもできないことは、大人にだってあるもの。感情的に怒らず、子どもと一緒に理由を考え、家族でルール作りをしてみては?
(田幸和歌子+ノオト)


記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/24(日) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。