ここから本文です

【アイドルお宝くじ】drop、「夏祭り」を歌う!

Smartザテレビジョン 7/24(日) 7:01配信

7月30日(土)、東京・六本木ヒルズアリーナにて「アイドルお宝くじパーティーライヴ 真夏の神曲 紅白歌合戦」が開催される。ライブを前に「アイドルお宝くじ」初登場となるdrop、LinQの2組を直撃。出演が決まった際の心境や意気込みなどを聞いた。

【写真を見る】三嵜みさと(属性:炎)、女子中学生時代の「夏祭り」の思い出とは!?

1回目は5人組アイドルユニット・dropが登場。三嵜みさと(属性:炎)、滝口ひかり(属性:水)、大場はるか(属性:自然)、小泉留菜(属性:毒)、小日向麻衣(属性:太陽)がライブへの思いなどを明かしてくれた。

――まず、dropとはどんなグループなのかを教えてください。

三嵜:dropは「日本ツインテール協会」から誕生したアイドルユニットです。今は主にライブなどを行っていますが、ゆくゆくはゲームやアニメの世界に行くことを目指す、2.5次元アイドルとしてやらせていただいています。メンバーそれぞれの“属性”も「2次元で使えるように」と授かりました。

――それぞれ炎、水、自然、太陽ときて、お一人だけ“毒”と毛色が違いますね。

小泉:私は毒舌だから“毒”なんです。1人だけ違う感じなんですけど、プロデューサーに「毒はおいしい」って言われたので満足してます。

――「日本ツインテール協会」というのはどんな団体ですか?

滝口:芸能人の方だけではなく、芸能界に携わっていない一般の子たちも含めて、「かわいい子を集めて、ツインテールをしてかわいくなろう!」っていう協会です。「ツインテール協会に携わったらいい(売れる)!」みたいなところがありますね。

――では、「アイドルお宝くじ」についてお聞きします。今回、番組イベントの「アイドルお宝くじパーティーライヴ―」への出演を聞いた時はどう思われましたか?

大場:カバー曲を歌うって聞いたんですが、メンバーが5人になってから(小泉、小日向は'16年5月1日に加入)初めてのカバーなので、すごく楽しみです。3人の時にはやっていたんですけど、5人でのカバーで、どうdropの色に変えられるか楽しみです。

――カバー曲はWhiteberryの「夏祭り」ですね。

一同:うれしい!

三嵜:dropらしさを出せる曲だなって思いました。

滝口:わちゃわちゃな感じで(笑)。

――「夏祭り」にはどんな印象がありますか?

大場:「太鼓の達人」(ゲーム)!

三嵜:ザ・夏だよね。

大場:夏のイベントで必ず最後に歌われる曲!

滝口:私たちもイベントで歌いました。

――この曲に何か思い出はありますか?

三嵜:中学生くらいの時、カラオケに行ったらみんなで絶対に歌ってました。

小泉:小学6年生くらいの時に家族でWiiの「太鼓の達人」がはやったんですよ。で、「夏祭り」で優勝しました!

――「夏祭り」以外で、皆さんの思い出に残っている夏の曲ってありますか?

三嵜:「イケナイ太陽」(ORANGE RANGE)かな。中学校の体育祭とかで歌ってて、結構格好いい系で熱い曲なので、チームがそれで一丸となって優勝に向けて頑張る!みたいな思い出があります。青春ですね。

小泉:「secret base~君がくれたもの~」(ZONE)! 歌いましたね~。

三嵜:旧メンバーに黄色担当・しずりんがいたんですけど、1年前に彼女が卒業した時にメンバーで「secret base~君がくれたもの~」を歌いました。

大場:しずりんの生誕祭の時に、4人で泣きながら歌いましたね。

――夏ということで、皆さんの夏祭りや夏の思い出をお聞かせください。

大場:夏祭りは家族としか行ったことがないんですけど、チョコバナナのじゃんけんを勝つまで絶対にやめないっていうおきてが自分の中にあります。お店の方とじゃんけんして、私が勝ったら2本もらえるんですよ。それを勝つまでやります。チョコバナナが好きなので、ママからお金をもらってやっていました(笑)。

滝口:デビューを思い出しますね。ちょうど2年前なんですけど、みんな芸能界を知らない素人たちが集められて、急に新木場Studio Coast(東京)の大きなメインステージに立たされたんですよ。夏だったな! 熱い中、頑張ってやったな!っていう思い出があります。

――それから2年がたちましたが、思い出してどうですか?

滝口:大変だったよね?

三嵜:あの時はあの時で、初めての事ばっかりだったから。

――今振り返ると、いい思い出になっていますか?

三嵜:そうですね。

滝口:いい思い出! 頑張って良かったなって思います。

――最近加入されたお二人は?

小泉:私は5人きょうだいなんですけど、1番下と13歳離れていて。今、年長さんで虫が好きだから、家にめっちゃカブトムシがいます。私の家では「夏といえばカブトムシを捕りにいく」って決まっていて、夜中にみんなで車で行きます。家がカブトムシ臭いし、1人でリビングにいると「カサッ」っていう音がたまに聞こえてきて怖いです(笑)。

小日向:私、夏はあんまり得意じゃなくて。太陽属性なんですけど、日光とか苦手で(笑)。だから夏は大体、家にいて冷房ガンガンの部屋でテレビ見たり、アイドルの動画とかをずっと見たり、ゲームやったり、引きこもってました。あとは、補習とか追試とかですかね。

――今年は引きこもりじゃない夏になりそうですね。

小日向:そうなんです。人生初なんですよ、夏にこんな活動するの。だから、ちょっと楽しみですね。バテないように頑張ります!

「【アイドルお宝くじ】drop、セレブの圧に勝つ!?」へ続く。同記事は7月25日(月)朝7時配信予定

最終更新:7/27(水) 1:32

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。