ここから本文です

今夏も大好評!「かき氷コレクション」のオススメは?

Smartザテレビジョン 7/24(日) 8:00配信

テレビ朝日で開催中の「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」は、さまざまな体験アトラクションや各種番組コラボグルメ、日替わり音楽LIVEにジャニーズJr.のステージなど、老若男女が楽しめる、ことし3年目のビッグイベント。

【写真を見る】きなこのかき氷に…水ようかんが載っている!?

バラエティーや報道・情報番組などとのコラボメニューをリポートした前回に続いて、今回は毎年大好評の「かき氷コレクション」を代表の小池隆介さんのコメントと共にリポートする。

「かき氷コレクション」は、本当においしいかき氷を多くの人に知ってもらいたいと、'12年に東京でスタートした“かき氷の祭典”。「サマステ」でも'14、'15年と六本木ヒルズ・ヒルズカフェで開催されていたが、今回はテレビ朝日本社正面エリアへ移動。44日間にわたって開催される、昨年以上のスケールの同イベントだ。

毎年大好評の「たい焼きなみへい」や和風のメニューが人気の「和・キッチン かんな」などが、定番フレーバーからあっと驚く個性派メニューまで、さまざまなかき氷を取りそろえている。

このたび、7月23日現在出店中の4店舗から各店自慢の4メニューを試食させてもらった。まずは「たい焼きなみへい」の完熟いちごと、隠し味のラズベリーがおいしい「王道!生いちご」(700円)。

小池さんは「3年続けて出ていただいているんですけど、なみへいさんのいちごは毎年大人気なんです。なみへいさんの考えとしては、たい焼きをお店で販売されていますけど、近所の人に気軽に食べていただきたいという思いがあるので、お値段もちょっとお安めに設定されています。

イチゴもどこの産地のものかは限定せずに、一番いいものを提供しています。本来は鎌倉野菜や鎌倉フルーツを使いたいんですけど、それをやってしまったらコストがかかってしまう。できるだけ安くかき氷を食べていただくというのが第一に作られているので、それに反しますから。また、ことしはさらに削りの部分をより崩れにくいものにしているので、昨年以上に満足度の高いかき氷になっていると思います」とコメント。

ほどよい酸味のあるいちごは、削りのおかげか暑くてもすぐには溶けず、ふわっふわの食感が味わえるので、これはマストで食べてもらいたいところだ。

続いて、「あんどりゅ。」からは店長の自信作だという「しおきゃらめるおし」(700円)。

小池さんによると、特にこの店は削りが一番の特徴なんだそうで、ふわふわ感が強めでお祭り用のシロップがよく合うのだとか。「それだけでは楽しくないので、クリームをかけたり、塩のパウダーをまぶしたり、アクセントをつけて若い人に人気のかき氷になっています。ただ、シロップどうこうというより、全体を楽しんでいただきたいですね」とポイントを教えてくれた。

一口食べると、上にかかった塩がちょっぴりしょっぱく、その分他のキャラメル部分やクリームなどが甘く感じる代物に。スイカに塩をかけるのと同じくらい、この塩はなくてはならない存在となっている。もちろん自慢の削りもきめ細やかく、最後まで口の中でしっかりと存在を主張している。

そして「和・キッチン かんな」の「特製きなこミルクと水ようかん」(800円)。

きなこがたっぷり溶け込んだ和風ミルクシロップの上に、口溶けのいい水ようかんが乗った一品だ。

こちらのポイントについては「本当に有名なお店ですよね。普段、天然氷が売りですが、お祭り期間中は製氷会社が作る氷で対応していただいております。かんなさんも削りにこだわっておられて、運ぶ間に溶けたり崩れたりすることが少なかったと思うんですけど、シロップの浸透具合と削りを計算して作っているので、そう簡単には崩れない。そして、どこを食べてもシロップがまんべんなくかかっています。

また、元々は和食屋さんなんで、和の素材をしっかり使いましょうってことで、きなこだったり、水ようかんだったりを全面に出して作られています。水ようかんが上に載っているのはなかなかないですね。それにむしろよくここに出てくれているってくらいの人気店なんですよ。普段は1時間以上待たないと入れないから。この機会にぜひ」とPR。

やっぱりインパクトのある水ようかん。上に載っているとつい崩れてきそうなイメージだが、下の削りの部分がしっかりとしているだけあって崩れない。もしカップル2人で食べるならば、ジェンガ感覚?で、上にいるようかんを落とさないように土台の削りを食べるのも面白いかも?

ラストは「Patisserie Merci」の「生搾りダブルメロン」(900円)。

小池さんは「Merciさんは元々がケーキ屋さん。そのケーキ屋さんが作るかき氷ということで、栃木ってフルーツもおいしいものがあるので、昨年に引き続きメロンを出していただきました。ただ、昨年と一緒だと面白くないということで、赤肉と普通(青肉)のと2種類をかけて作っていただきました。ことしはメロンが去年に比べて相場が落ち着いているので、2種類使ってぜいたくな感じで作っていただけるようになっています」とポイントを紹介。

個人的にメロンが好きということで、このかき氷が特に感激した。ダブルシロップの違いも楽しめるし、意外と果肉もしっかりとしているので単なるかき氷だと思って侮るなかれ。メロン通の人も楽しめるメロンデザートになっているので、これは絶対に食べてもらいたい。

さらに、小池さんに全体の特徴を聞いてみた。「ことしは去年より店舗数がちょっと増えました。フルーツもあれば、和のものもあれば、洋のかき氷もあります。それに遠い所からも出店していただいています。食べるお客さんにとってはいろんな店舗が選べるので、さまざまなメニューを楽しんでいただけると思います。

お店に行くと平気で1時間とか待っちゃいますし、8月になるとちょっと混んでくるかもしれないですけど、7月中なら『かき氷コレクション」もまだ空いている時間が多いので、お薦めです。

いろんな特色があるかき氷ばかりなので、どれを食べていただいても満足できると思います!」と日本中のかき氷ファンにアピールした。

どんどん暑くなる日本列島。クーラーをガンガンかけて家の中に閉じこもるのもいいけど、シロップがガンガンかかったかき氷を食べるために、六本木へ足を運んじゃおう♪

最終更新:7/24(日) 8:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。