ここから本文です

家中自由自在に動き回る!番犬カメラのススメ

東京ウォーカー 7/24(日) 8:00配信

外出先からお留守番しているペットの様子を確認できる便利なネットワークカメラ。手軽で安価な製品も登場し始め、ペットを飼っている家庭では身近な存在になりつつある。しかし、ペットの見守り以外にもいろいろ使い道がある事はご存知だろうか?

【写真を見る】「ilbo」 移動式お留守番カメラ 31000円(税抜)

株式会社エクストランが発売する移動式お留守番カメラ「ilbo」には特別な機能がある。それは、前進、後進、左右旋回360°、自由自在に動き回れるということ。カメラ下部に車輪がついているから、自分で操作することができる。カメラ自体が見たい場所に移動する新発想のネットワークカメラだ。段差8mm以下なら乗り越えることができるので、部屋の間を行き来して家中を見回ることが可能。通常のネットワークカメラでは考えられない外出時の鍵のかけ忘れや窓の閉め忘れ、電気の消し忘れの確認もできる。

もちろんペットの見守りにも最適。固定式のカメラではどうしても見ることのできない場所ができてしまい、「うちのワンちゃんは見えないところで何をイタズラしてるんだ!? 」なんて、ヤキモキすることも……。でもこの「ilbo」なら、ペットの後を追って行動を逐一監視することも可能だ。

家のどこで何が起こっているのか自由に確認できるから、留守番中の子どもや離れて暮らす高齢の親を見守る用途にも使える。さらに、暗視機能付きなため暗いところもばっちり映る。旅行で自宅を長期間空けるときや、一人暮らし女性の防犯対策としても有効といえるだろう。

「ilbo」は、自宅にWi-Fi環境があれば、iOSのスマートフォンおよびタブレットで操作可能(近日中に配信予定)。アプリをダウンロードすればすぐに使用できる。手間のかからない番犬として「ilbo」を1台、おうちに迎え入れてみてはいかが? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/24(日) 8:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。