ここから本文です

夏冷え防止!覚えておきたい「しょうが茶漬け」

東京ウォーカー 7/24(日) 21:30配信

冷たいものを飲んだり食べたりで、そろそろ内臓が冷えてしまっている人も多いのでは? 血行を良くして新陳代謝を活性化させ、体を温める作用があるしょうがを使って、時間があるときにあらかじめ「しょうが煮」を作っておくのがおすすめだ。いざというときにお助けとしてさっと登場させることができる。定番メニューとして、マイレシピに加えてみてはいかが。

【写真を見る】しょうがの辛みがクセになる!

【しょうが茶漬け】(1人分224Kcal、塩分0.3g)

<材料・2人分>しょうが煮(作りやすい分量・約150g分:しょうが200g、しょうゆ1/4カップ)、しょうが煮(でき上がり分より使う)大さじ2、青じそ3枚、温かいご飯茶碗2杯分、温かい緑茶適宜

<下ごしらえ>(1)しょうが煮を作る。しょうがは薄切りにする。(2)鍋にしょうが、しょうゆを入れ、弱めの中火にかける。フツフツしたら中火にし、煮汁をからめながら、煮汁がほぼなくなるまで煮る。粗熱をとり、保存容器に入れる。

<作り方>(1)しょうが煮は細切りにする。青じそはせん切りにする。(2)器にご飯を1杯分ずつを盛り、しょうが煮、しそを等分にのせる。温かい緑茶をかける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:7/24(日) 21:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。