ここから本文です

サンフランシスコで話題の本とデザインの店〈PRESS〉が東京にやってくる!

Casa BRUTUS.com 7/24(日) 13:00配信

ポリーナ・ナッサーとニック・サルノによりサンフランシスコで誕生した〈PRESS〉は、キュレーションブックストアのパイオニア。

7月9日から東京・新宿の〈destination Tokyo〉内に、7月29日からは表参道のH.P.DECOの中にショップインショップをオープン。

ポリーナとニックが、伝統的な本屋の在り方への反動から、〈PRESS〉を創業したのは、2011年。セレクションは、オーナーたちの性格やバックグラウンドを色濃く反映したものとなっていて、感度の高い人たちをひきつけてやまない。〈PRESS〉オープン前は、ハイエンドなヴィンテージ・ファッションブティックで、美術館レベルの貴重な衣服や絶版になったファッションやデザインの本に囲まれて働いていたポリーナと、スモールプレスのシニア・エディターとしてユニークなデザインの小説や、詩集、アートブックを出版していたニックの個性を垣間見ることができる。

「まだ誰も知らないレアな本を探したい」という情熱を抱く2人は、アート、ファッション、デザイン、工芸、カウンターカルチャーに関する絶版本や初版本、スモールプレスの新刊、1960~70年代のアートオブジェなどを独自の観点でセレクト。サンフランシスコの本店にはそれらを求める人々が遠方からも集う。

〈PRESS〉で取り扱う本は、2人の愛情が注がれたものばかり。忘れ去られ絶版になってしまった本などに丁重にクリーニングを施し、さらに古書を保存するために開発されたポリエステルフィルムでカバーをして、その本の美しさやオリジナリティーがもっとも映えるかたちで、新刊とともにディスプレイしている。

日本初上陸となる、今回の〈PRESS〉のショップインショップには、約180点の個性的な本が揃う。幸福で美しい、まだ見ぬ本たちとの出合いは、もう間もなくだ。

text_Aya Hasegawa editor_Akio Mitomi

最終更新:7/24(日) 13:00

Casa BRUTUS.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。