ここから本文です

ワーキングマザーにこそ必要なボスマネージメントとは?(後閑徹 人材・組織開発コンサルタント)

シェアーズカフェ・オンライン 7/24(日) 5:31配信

先日、働く女性を支援するNPOでのセミナーで参加者に職場の問題を聞いたところ、案の定、こんな答えが返ってきた。

仕事と育児の両立ができるか、不安。業務量と人手の釣り合いが取れていない。女性の離職率が高い。このままでは繁忙期を乗り切れず、時短で帰れるか不安etc.

女性活躍が成長戦略として動き出した2013年以来、職場の問題は未だ変わっていない。職場の問題を解決するには、もちろん、職場運営をするマネジャー自身が学び、考え、問題解決に踏み出さなければならないが、マネジャー任せにもしていられない。

これまで組織の中心的役割を担ってきた男性、女性自身を含めた3者がそれぞれに当事者として、職場の変革を実行していく必要がある。そのためのひとつの思考の枠組みとして、ここではボスマネージメントを紹介したい。

確定概念はないが、ここでは、ボスマネージメントを、1.仕事の成果を上げるため、2.ボス(職場の上司、マネジャー)を知り 3.自分を知り 4.ボスと協調関係を築く方法、と定義づけておく。

■知るべきことは何か
1.ボスの何を知るべきか
私たちは、ボスの何を知るべきであろうか。ボスマネージメントが仕事の成果を上げるための協調関係の構築の方法である以上、仕事に関する事項を知る必要がある。

ボスが運営する職場の使命(ミッション)、職場全体の業績目標、プレイイングマネジャーであれば、ボス自身が課されている業績目標も知る必要があるだろう。また、ボスが部下に求めている役割・能力は、その下で働く人間が知らねばならない事柄だ。

果たして上記の事項のどれだけを知っているだろうか。これらを知らずして、ボスと方向性を合わせることは難しい。

2.自分を知る
職場における自分の特徴を知っているだろうか。例えば、チームにはリーダーとフォロワー(追従者)がいる。フォロワーのタイプをリーダーへの批判と支援の高低で分類したのが下表になる。
フォロワータイプ

1/2ページ

最終更新:7/24(日) 5:31

シェアーズカフェ・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

シェアーズカフェ・オンライン(SCOL)

シェアーズカフェ株式会社

SCOLはマネー・ビジネス・ライフプランの
情報を専門家が発信するメディアです。
現在書き手を募集しています。特に士業や
大学教授、専門家を歓迎します。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。