ここから本文です

補強資金に困窮するミラン コロンビアの韋駄天ウインガー獲得のためにバッカに移籍強要か

Football ZONE web 7/24(日) 9:10配信

中国への身売り交渉が決着しないミラン

 ACミランがチェルシーのコロンビア代表MFフアン・クアドラードの獲得するために3000万ユーロ(35億円)のオファーを出していることが発覚した。そして、そのクアドラード獲得資金を捻出するために、アドリアーノ・ガリアーニCEOは同代表MFカルロス・バッカにウェストハム移籍を強要していることが明らかになった。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルトが報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ミランは中国人起業家への身売り交渉がなかなか決着がつかずにいるが、チーム強化も迷走しているようだ。昨季のセリエB得点王のFWジャンルカ・ラパドゥーラをペスカーラから獲得したが、その先の補強が手詰まり状態となっている。

 そして、新たにコロンビア代表の韋駄天ウインガーの獲得に標準を定めたことが明らかになった。昨季チェルシーからユベントスに期限付き移籍でインパクトを残したクアドラードの争奪戦に参入。35億円の移籍金を提示し、インテルとのバトルに勝ち抜く方針を固めたという。記事では「気前のいいオファー」と身売り完了前で金欠状態のミランにしては高額となる移籍金についてこう評している。

バッカは昨季交代に激怒して途中帰宅の“前科”も

 現時点で補強費用のないミランはコロンビア人の補強のために、コロンビア人の追い出しにかかっているという。ガリアーニCEOはバッカにウェストハムからのオファーを承諾するように、プレッシングをかけている」と記事ではレポートされている。バッカはUEFAチャンピオンズリーグ出場を夢見て移籍を志願したが、残念ながら今季のウェストハムに欧州への挑戦権はない。

 アトレチコ・マドリード移籍の噂はあったが、セレーゾ会長は「セリエAの選手は取らない」と完全否定。アーセナルからのオファーを待っているが、やってきていない。昨季リーグ3位の18得点を記録したストライカーは途中交代に激怒し、試合中にスタジアムを立ち去った事件を起こしていることから、チームも売却を急いでいるようだ。

 クアドラードは4-2-3-1システムなら左右のアタッカー、4-3-3システムなら左右のウイングをこなせる生粋のドリブラー。去就問題の浮上する日本代表FW本田圭佑が残留した場合、クアドラードがやってきたなら、サイドでの熾烈な競争を余儀なくされることになる。

 唯一のワールドクラスとも呼べる絶対的なストライカー、バッカを放出して、サイドアタッカーを狙うミランだが、今度はストライカーの人選に頭を悩ませることになりそうだ。昨季チーム内得点王のバッカの穴は、2部の得点王で埋まるという目算があるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/24(日) 9:10

Football ZONE web