ここから本文です

ペップ、モウ… 名将集結のプレミアにあの男が帰ってきた! サンダーランドがモイーズ新監督を正式発表

Football ZONE web 7/24(日) 11:20配信

14年4月のマンU退任以来のプレミア舞台

 サンダーランドは2014年にマンチェスター・ユナイテッドを率いたデイビッド・モイーズ 新監督の就任を発表した。2020年までの4年間の契約で、15年11月にレアル・ソシエダを解任されて以来、約8ヶ月ぶりとなる現場復帰となる。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ペップ、モウ、コンテ、クロップ、ベンゲル… 世界の名将が集結したプレミアリーグにスター監督が帰ってきた。モイーズ監督はユナイテッド時代の14年4月の以来、2年3ヶ月ぶりのプレミア復帰を果たすことになった。

 前任のサム・アラダイス監督はロイ・ホジソン前監督の後任としてイングランド代表指揮官の就任が決まっていた。就任からわずか9ヶ月で急きょサンダーランドを去ることになったビッグサムの代わりに、エバートンで長らく手腕を発揮したモイーズ監督にクラブは白羽の矢を立てた。

「サムの後を継いでしっかり仕事する」と決意表明

「英国の大きなクラブでの仕事を引き受けることになった。大きなサポートを受け、もう一度プレミアリーグで働くことを楽しみにしている。サムの後を継いでしっかりといい仕事をしたい」

 エバートンを11シーズン率いて、その手腕を高く評価されたモイーズ監督。13年に勇退した名将アレックス・ファーガソン氏の後継者としてユナイテッドの監督に就任して大きな話題となったが、クロスとパワープレーを基軸とする戦術がユナイテッドで全くはまらなかった。日本代表MF香川真司もモイーズスタイルのパワープレーサッカーに全く馴染まず、パフォーマンスを落とした。そして、モイーズ監督も成績不振で1年持たずに解任となった。スペインでの挑戦も1年で終わりを告げ、このところは評価を落としていた。

 サンダーランドのエリス・ショート会長は「デイビッド・モイーズをサンダーランドに迎えることで本当に嬉しい。彼は我々のファーストチョイスだった」と大歓迎。大きな期待を背負って、再びプレミアの舞台に帰ってくる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/24(日) 11:20

Football ZONE web