ここから本文です

ベッカムからネイマールまで。レアルとバルサの移籍市場“クラシコ”9選手

フットボールチャンネル 7/24(日) 13:00配信

 レアル・マドリーとバルセロナ。スペインを代表する2大クラブである両者はピッチの中でも外でも激しい戦いを繰り広げられてきた。データサイト『スクワカ』は22日、両者の移籍市場“クラシコ”を紹介している。

【写真】UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームからCロナなど計4名選出

アルフレッド・ディ・ステファノ

勝者:レアル・マドリー
移籍年:1953年
移籍金:18万ポンド

ヨハン・クライフ

勝者:バルセロナ
移籍年:1973年
移籍金:92万ポンド

デイビッド・ベッカム

勝者:デイビッド・ベッカム
移籍年:2003年
移籍金:2900万ポンド

ロナウジーニョ

勝者:バルセロナ
移籍年:2003年
移籍金:2500万ポンド

ダニエウ・アウベス

勝者:バルセロナ
移籍年:2008年
移籍金:2300万ポンド

ダビド・ビジャ

勝者:バルセロナ
移籍金:2012年
移籍金:3300万ポンド

ネイマール

勝者:バルセロナ
移籍年:2013年
移籍金:7100万ポンド

ルイス・スアレス

勝者:バルセロナ
移籍年:2014年
移籍金:6500万ポンド

アンドレ・ゴメス

勝者:バルセロナ
移籍年:2016年
移籍金:3000万ポンド

 結果としては銀河系時代を除いてバルセロナがレアル・マドリーを圧倒した形となっている。移籍市場クラシコとしては記載されていないが、ルイス・フィーゴがバルセロナからレアル・マドリーに直接移籍を果たすなど、同時期のバルセロナは完全にマドリーの後塵を拝していた。

 しかし、その裏で着々とカンテラ(下部組織)を整備し、満を持して獲得したロナウジーニョ、マドリー下部組織出身のエトーらを擁する新時代の到来によって、リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケツといった黄金時代の到来に繋げた。

 以降はネイマール、ルイス・スアレス、アンドレス・イニエスタとマドリーを出し抜き続けているバルセロナ。しかし、一方でマドリーもクリスティアーノ・ロナウドとガレス・ベイルを中心としてチャンピオンズリーグ(CL)を3年で2度制するなど高いレベルを保っている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/24(日) 13:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ