ここから本文です

EXILE THE SECOND、国境越えたダンス・ミュージックを「翻訳」? 新シングルの本質に迫る

リアルサウンド 7/24(日) 18:00配信

【参考:2016年7月11日~2016年7月17日のCDシングル週間ランキング(2016年7月25日付・ORICON STYLE)】(http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/2016-07-25/)

 2016年7月25日付の週間CDシングルランキングを1位から10位まで聴いた中で、特に耳に残ったのは2位のEXILE THE SECONDの「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」でした。このチャート連載では以前にもEXILE ATSUSHI + AIの「No more」を取り上げるなど(http://realsound.jp/2016/03/post-6793.html)、EXILEファミリーのサウンド・プロダクションやボーカルのレベルの高さに注目してきましたが、EXILE THE SECONDの「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」もまさにそうした楽曲のひとつです。

 2012年に結成、デビューしたEXILE THE SECONDの3年ぶりのシングルが『YEAH!! YEAH!! YEAH!!』。EXILE THE SECONDは、EXILEの橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHIから構成されている5人組です。『YEAH!! YEAH!! YEAH!!』を皮切りにして、三部作がリリースされることもアナウンスされています。

 「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」は強烈な昂揚感をもたらす楽曲。ジャケットを見るとR&B路線のようですが、トラックにはEDMにおけるドロップのようなパートもあり、カリブっぽいパーカッションも鳴るなど、非常に凝ったサウンドです。そして、EXILE THE SECONDのボーカルの男っぽさを引き出すサウンドであることも見逃せません。

 作家陣のクレジットを見ればそれも納得で、作曲はErik LidbomとCommand Freaks。Erik Lidbomは、EXILE関連はもちろんのこと、嵐などのジャニーズ関連でもおなじみのスウェーデンのソングライター、プロデューサーです。スウェーデンの出版社・Hitfire Productionを主宰し、日本のSoundgraphicsの契約作家でもあるErik Lidbomは、関わった楽曲が日本で多数ヒットしています。J-POPにおける海外作家の起用については、「KAT-TUN現体制は、ヴォーカルグループとして魅力的だーー新作収録曲を徹底分析」(http://realsound.jp/2016/02/post-6429.html)でも言及しましたが、そうした近年のJ-POPのメインストリームにおける作家システムが生み出した隠れたスターのひとりがErik Lidbomです。

 もう一組の作曲家であり、編曲も担当しているCommand Freaksは、KAT-TUNなどへの楽曲提供でも知られる作家で、韓国の出版社・Iconic Soundsに所属しています。Facebookでは、Command FreaksのSung Chan Annが、EXILE THE SECONDの『YEAH!! YEAH!! YEAH!!』のCDの写真とともに「I'm so happy~!!!! 」と投稿していました。海外作家が日本でのリリースやヒットをFacebookで喜ぶ光景は、前述の記事でも書いた通り、KAT-TUNの「TRAGEDY」のリリース時にも見られた光景です。

 そして、実はカップリングの「Going Crazy」には、「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」よりも衝撃を受けました。アメリカの作家であるRicky Shockbitらが作曲した「Going Crazy」は、ベース・ミュージックのようなワイルドなサウンドです。こうしたダンス・ミュージックまでJ-POPのメインストリームに送り込むEXILE THE SECONDの姿勢には驚きました。

 しかし、冷静に考えてみれば、洋楽を日本人向けに「翻訳」するという行為は、かつて歌謡曲が連綿と行ってきた行為でもあります。日本、スウェーデン、韓国、アメリカの人々が関わったダンス・ミュージックでありながら、それでも正しく「歌謡曲的」である点が、EXILE THE SECONDの『YEAH!! YEAH!! YEAH!!』というシングルの本質だとも感じました。

宗像明将

最終更新:7/24(日) 18:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。