ここから本文です

アンディ・ラウがプロデュース&本人役で出演 台湾青春ラブストーリー『私の少女時代』公開決定

リアルサウンド 7/24(日) 18:49配信

 台湾で約15億円を超える興行収入を記録し、2015年の年間興行収入No.1に輝いた台湾映画『私の少女時代-Our Times-』が、11月より新宿武蔵野館ほかにて公開されることが決定した。

 本作は、仕事も恋愛も空回りのOL林真心が、90年代の高校時代を回想する青春ラブストーリー。冴えない女子高生時代の真心、学校イチのイケメン欧陽(オーヤン)、不良男子の太宇、アイドル的存在の敏敏らの恋と友情を描き出す。

 『cafe. waiting. love』のビビアン・ソンが主人公の真心を演じるほか、ダレン・ワン、ディノ・リー、F4のジェリー・イェンらが出演する。『ハートに命中!100%』『蘭陸王』などのヒットドラマをプロデュースしてきたフランキー・チェンが初監督を務めた。『欲望の翼』『インファナル・アフェア』のアンディ・ラウがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加し、本人役で出演もしている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/24(日) 18:49

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。