ここから本文です

イグアイン、ユーベ加入で“Cロナ”超え。ベイルに次ぐ移籍金110億円記録へ

フットボールチャンネル 7/24(日) 15:30配信

 アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインはクリスティアーノ・ロナウドを超える記録を打ち立てるようだ。23日にイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 ユベントスのMFポール・ポグバが史上最高額でマンチェスター・ユナイテッドへ移籍すると言われているが、現時点での史上最高額選手はレアル・マドリーのFWガレス・ベイルだ。2013年にトッテナムから移籍した際に1億100万ユーロ(約117億円)が支払われ、その年にはチャンピオンズリーグで優勝して合計10回目の優勝となるラ・デシマ達成に貢献している。

 そして、ユベントスが今夏獲得に迫っているイグアインがベイルに次ぐ移籍金を記録するとみられている。違約金9473万6000ユーロ(約110億1000万円)満額を支払うとみられており、クリスティアーノ・ロナウドが2009年にユナイテッドからマドリーへ移籍した際に9400万ユーロ(約109億円)を超える見込みだ。

 C・ロナウドの後には移籍金8600万ユーロ(約100億円)でバルセロナへ移籍したネイマール、2014年にリバプールからバルセロナへ8100万ユーロ(約94億円)で移籍したFWルイス・スアレスと続く。

 近年主にプレミアリーグの放映権高騰で移籍金が爆発的に高騰しているサッカー界。今夏2つの記録が生まれることになるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/24(日) 18:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。