ここから本文です

本田かスソか? どちらがミランを去るか、伊メディアが特集

フットボールチャンネル 7/24(日) 20:43配信

 伊『カルチョメルカート.com』は23日、「スソか本田、1人がミランを去る」と題した特集を掲載した。

 今季からミランを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は4-3-3のフォーメーションを採用すると見られている。そのため本田圭佑がプレーするとなれば右ウィングが濃厚だ。

 しかしモンテッラ監督は右ウィングに昨季までユベントスに在籍したファン・クアドラードの獲得を要望しているようで、残されたポジションは左ウィングしかない。

 そこでライバルになるのがスペイン人MFのスソだ。リバプールからバーゲン価格で手に入れたテクニシャンは昨季レンタル先のジェノアで輝きを放ってミラン復帰を果たした。プレシーズンマッチのボルドー戦で2ゴールを挙げるなど新監督に猛アピールを続けており、日に日に評価を高めている。

 その証拠にミランは1000万ユーロ(約12億円)の違約金を設定しているものの、昨季在籍したジェノアをはじめアタランタやサッスオーロといったイタリア国内クラブだけでなく、ミドルスブラやデポルティボ・ラ・コルーニャなど国外のクラブも獲得に関心を示しているという。

 一方で本田の現状は厳しいと分析されている。2017年夏までの契約を延長する交渉は停滞しており、まとまった移籍金を得る最後のチャンスである今夏のうちに売却される可能性があるようだ。

 これまでもそうだったように数多くのクラブが本田に興味を示している。だが、移籍金が500~600万ユーロ(約5億8000万~7億円)と手頃な一方で250万ユーロ(約2億9000万円)とも言われる高額な年俸がネックになっている。

 負傷で出遅れてしまった本田は勢いに乗るスソとの競争を制し、ミランで居場所を確保できるだろうか。シーズン開幕までの短期間で負傷を完治させ、まずは遅れを必死に取り戻さねばならない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/24(日) 21:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。