ここから本文です

岡崎ショック! 親友のスイス代表元主将MFが米遠征から外れ、レスターから移籍へ

Football ZONE web 7/24(日) 19:23配信

セリエAで活躍したインレルは昨季出場5試合

 レスター・シティは元スイス代表主将のMFギョクハン・インレルをわずか1年で放出することが濃厚となった。英地元紙「サンデー・テレグラフ」が米遠征のメンバーからも外れた司令塔との別れの可能性を報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 32歳のインレルは昨夏にレスターに加入。ウディネーゼやナポリでセリエA通算259試合に出場するなど抱負な経験を持ち、アーセナルへの移籍話も浮上したほどだった。元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソ(オリンピアコス)の後継者としての期待が懸けられていた。

 欧州屈指の実力を持つ司令塔は補強の目玉と期待されたが、大躍進を遂げたチームでチェルシーに移籍したMFエンゴロ・カンテとイングランド代表FWダニー・ドリンクウォーターの鉄壁のコンビの牙城を崩せずに出番は限られた。リーグ戦での出場はわずか5試合。2015年までスイス代表ではキャプテンを務めていたが、レスターで出番を失った影響で欧州選手権ではメンバー外となる苦悩を味わった。

 クラウディオ・ラニエリ体制2年目となるレスターでも居場所を失っている。23日にスコットランドのグラスゴーでセルティックと対戦したレスターは次にアメリカに向かう予定だが、インラーは遠征メンバーから外れた。アピールのチャンスも失ったベテランは指揮官に移籍希望を伝えており、出場機会を求めて移籍することが濃厚になった。

欧州選手権でメンバー外の屈辱

 ラニエリ監督は出場機会が少ないにもかかわらず、練習では一番にグラウンドに姿を見せるインレルを「ドレッシングルームでもみんなの模範で大きな影響力を持っている」と賞賛するが、32歳とまだまだ老けこむ年齢ではないだけに移籍を直訴した模様だ。

 日本代表FW岡崎慎司はインレルを「何ヶ国語も話せて頭がいい選手」と絶賛し、大親友として名前を挙げていた。同時期に加入した2人がピッチ上で共演する時間はわずかだったが、SNS上にツーショット写真を公開するなど良好な関係を築いていた。

 レスターで最大のビッグネームとなるはずだったインレルの移籍は岡崎にも少なからずの動揺を与えそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/24(日) 19:23

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。