ここから本文です

【J1採点&寸評】鹿島×浦和|落球の曽ヶ端に最低点4.5。逆転2ゴールの李に最高点

SOCCER DIGEST Web 7/24(日) 8:46配信

鹿島――前半はパーフェクトといえた柴崎。しかし、攻撃面で目立てず……。

[J1第2ステージ5節]
鹿島アントラーズ 1-2 浦和レッズ/7月23日/県立カシマサッカースタジアム
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 5.5
前半はアグレッシブに浦和を自陣に押し込み、積極的にゴール前に飛び出す攻撃を連発。しかし後半、受ける形になると、間延びしてしまい攻撃も単調に。曽ヶ端のミスは痛恨だった。
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 4.5
GKとしては痛恨といえる「シュートセーブ→キャッチしきれず→ボールを見失う」というミスから、決勝ゴールを与えてしまった。浦和の勢いがあったとはいえ、コースは防いでいただけにもったいなかった。
 
DF
22 西 大伍 5(75分OUT)
遠藤の攻撃参加をフォロー。サイドを崩されて失点を招くことはなかったが、攻守ともに変化を与えるプレーは限られた。1-2となったあとに交代に。
 
14 ファン・ソッコ 5
よく踏ん張っていた。しかし、李の緩急をつけた動きに付ききれず競り負けて、先制ゴールを与えてしまった。
 
3 昌子 源 5.5
カウンターから繰り出された阿部の決定的なシュートを間一髪ブロック。前を向いた守備は強い。ただ横の揺さぶり、後ろを突かれた時の動きに課題を残した。
 
16 山本脩斗 6
なかなか攻撃に加われずにいたなか、先制ゴールをアシスト。しかし、その後、柏木のサイへのカットアウトの動きに付き切れなかった。プラスマイナスゼロで採点6とした。
 
MF
10 柴崎 岳 5
途中まで守備時は柏木にマンマーク気味について、浦和のボールの出どころを封じた。加えて飛び込んでくる阿部もチェックする仕事もこなす。前半はほぼパーフェクトに仕事をしていた。しかし後半、逆転を許したあとに反撃へ転じたかったが、攻撃面で目立つことはできなかった。
 
40 小笠原満男 5.5(90 分OUT)
最終ラインの前でボールをさばき、阿部らの飛び込んでくるアタックに対応。それでも浦和が押し込んできた際に、撥ね返し切れなかった。試合終了間際に、永木へ交代した。
 
25 遠藤 康 5.5
質の高いフリーランからチャンスを作る。金崎に惜しいグラウンダーのアーリーパスを放ち、自らも決定的なシュートを放った。枠に飛ばしていれば、ヒーローになっていた。

小笠原満男との対決に「勝てると思った」。日本代表にも選ばれた“第3の男”を、浦和はどう生かす?



 

1/3ページ

最終更新:7/29(金) 14:32

SOCCER DIGEST Web