ここから本文です

【大宮】最後に救世主になり損ねた男――FW清水慎太郎の一瞬の思考

SOCCER DIGEST Web 7/24(日) 7:00配信

「実はそのままオーバーヘッドをしようとも考えた」

[J1・第2ステージ5節]大宮 1-2 新潟 7月23日/NACK
 
 試合終了が近付いた88分、スコアは1-2で新潟がリード。相手陣深くの左サイドから、岩上祐三がロングスローを投げ入れた。76分にラファエル・シルバに代わってピッチに入っていた新潟の指宿洋史に、長身を活かして撥ね返される。

【大宮 1-2新潟 PHOTO】大宮が江坂のゴールで先制するも、新潟が野津田のゴールで逆転勝ち!


 
 だが、ペナルティアークから再び金澤慎がゴール前へと押し返した。約2秒の出来事に新潟はラインを上げ切れておらず、動き直していた清水慎太郎の近くにボールがこぼれた。明確なチャンス。急展開にも焦りはなかった。
 
 ボールがワンバンドする。後ろに倒れ込むように、バイシクル気味でミートした。自身の身体がブラインドになって、相手GKからは出どころが見えていない。力ないシュートではあったが、確実に枠を捉えていた。
 
 同点――。誰もがそう思った次の瞬間、新潟の守田達弥が必死に伸ばした右腕によって、弾き出されてしまった。両ゴール裏から悲鳴と歓声が入り混じってスタジアムに響く。ピッチに横になった清水が両手で顔の汗を拭った。
 
「実は(ボールがバウンドする前に)そのままオーバーヘッドをしようとも考えた。だけど、相手の選手が被っていて、足の上げ過ぎでファウルになる可能性もあるなと。山越(康平)も詰めていて、上手い具合に相手DFをブロックした形になった。
 
 もう一回落として、ターンして前を向く選択肢もなかったわけじゃない。それをやれば相手に寄せられて、クリアされてしまう可能性が高かったので、ああいう無理な態勢で打った」
 
 ゴールマウスはすぐそこ。超至近距離からのシュートだった。打った瞬間に入ったと思ったのではないか。疑問をそのままぶつけた記者に対し、清水は「当たった感触は良かったけど、ちょっと弱いかなと思った」と予想に反する返答をした。
 
 意外にも、「ゴールの位置も分かってなかったし、適当に打った」というのは本心なのかもしれない。守田の「相手の背中に隠れて、ボールを見えてはいなかった。でも、シュートを打ってくるとしたらあの形(後ろに倒れ込みながらのバイシクル気味)しかない」という言葉を伝えて、再び反応を待った。
 
 ゴールを奪えなかったFWは、少し間を置いた。「相手のGKのほうが一枚上手でしたね。あのシーンで打つとしたら、さっき話したように、ファウル覚悟でひとつ前のタイミングか(実際に打った)あのタイミングしかない」
 
 今節の敗戦で、第2ステージ1節・名古屋戦以降、リーグ戦4試合で勝ち星に見放されている。その意味を、清水は痛感しているようだ。「途中からゲームに入っても、チャンスは必ず1回はくると思っている。そのチャンスをしっかりものにできるようになりたい」

 相変わらず身体のキレは良い。しかし、目に見える結果が遠い。ホームで戦った前々節・G大阪戦ではバーに嫌われたが、今度は“守護神”に阻まれて、そのリベンジとはならなかった。「次こそは得点を取れるように頑張ります」。救世主になり損ねた男は、そう言い残して背中を向けた。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:7/24(日) 14:25

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。