ここから本文です

「頑張ってフロンターレ」と突き放した大久保。「俺は絶対に点を取れない」と嘆いた真意とは?

SOCCER DIGEST Web 7/24(日) 7:00配信

「真ん中から攻めようという意識がない」。大久保はストレートに不満を述べた。

「俺は絶対に点を取れないよ。ディフェンスを頑張るしかない、もう。頑張ってフロンターレ」
 
 この試合もノーゴールに終わった大久保嘉人は、なんとも突き放した言葉を残してミックスゾーンを去った。「俺は絶対に点を取れない」「ディフェンスを頑張るしかない」という、らしくない発言の後に「頑張ってフロンターレ」。まるで他人事だ。『今のフロンターレは、本当のフロンターレじゃない』。大久保は、そう言いたかったのかもしれない。
 
 ホームにFC東京を迎えた多摩川クラシコは、1-0で勝点3を得た。しかし、20本のシュートを放ちながら、1点に終わった攻撃陣に冴えはなかった。その理由を、大久保は以下のように説明する。
 
「真ん中から攻めようという意識がない。俺がポストプレーをやったり、下がって叩くと、そこで(シュートを)打っちゃう。崩し切る前に終わっちゃう。だから、自分がただ下がっているだけに見えてしまう。でも、自分がやっていることは(以前と)変わってないから」
 
 FC東京は、中盤と最終ラインの8枚でがっちりと守備を固めてきた。その影響で「中央を攻めにくかったのか?」との問いには、こう答えた。
 
「中から攻められるよ、今日とかも。ただ、ビッグチャンスが作れないと、すぐにサイドに行っちゃう。こっちとしては、すごくやり甲斐がないというか、『あれ? 俺は何してるんだろう?』って思ってしまう」
 
 大久保自身は、ゴールを量産していた昨シーズンや今シーズン序盤と同じ動きをしていると強調する。それでも自分の結果が出ていないのは、周囲の選手の消極性が大きく関係しているというのだ。
 
「自分が引いてボールを受けた時は、前を向いて危険なところに(パスを)出して、(動き直して)危険なところに行くけど、そこまでボールがこないからね。サイドにボールが行っちゃうから。安牌に行っちゃう。前に入るんだけど、1回下げてそこからゆっくりしちゃう」
 
 おそらく、この意見はFC東京戦に限ったことではないのだろう。ここ最近、大久保は下がってボールを受ける場面が増える一方で、本来の持ち味であるゴール付近での仕事が減っている。事実、直近3試合でゴール数はゼロ。第2ステージに入ってからの5試合では、名古屋戦での1ゴールしかない。

1/2ページ

最終更新:7/25(月) 16:36

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。