ここから本文です

俊輔中心の横浜の流動性を「凄かった」と称える小林祐希は、自らの“宿題”に苦悩

SOCCER DIGEST Web 7/24(日) 17:30配信

何度も受けて、はたいて、動き直したが……。

[J1・第2ステージ5節] 横浜 1-1 磐田 7月23日/日産スタジアム
 
 スーツケースに手をかけた小林祐希が去り際に言った。「やり続ける」と。
 
 トップ下で攻撃のタクトを振るおうとしても、なかなか思うようにはいかなかった。理想は、相手ゴール前の近くで、前を向いて足もとにボールを収めるシチュエーションだ。そうすれば、自慢の左足で多彩なフィニッシュワークを披露できる――しかし、実際の小林のプレーは、試合を決めるようなプレーの“前段階”でストップしていた。
 
 良い位置でマイボールにできないなら、あるいはパスが届かなければ、ひとつ落ちて受けてさばく、またはサイドに流れてパスを引き出し、味方に預けてリターンをもらおうとする。
 
「俺がなにかアクションを起こして」と、懸命にリズムを作り出そうとしていた。受けて、はたいて、動き直して、下がって、サイドにポジションを取って……。
 
「その繰り返しです。繰り返すしかない」
 
 中村俊輔という国内随一のプレーメーカーを擁する横浜が相手だったことで、チームの現状を突きつけられたようだ。
 
「向こうの場合、例えば、中村俊輔が引きました、カイケも引いてきて、齋藤学が入ってきたり、ボランチが外に開いたり、とか。そういう流動性が凄かった」
 
 少なくとも、今の磐田には、横浜のように空いたスペースを効果的に使いながら、複数人が絡んでボールを動かすパスワークはそこまで成熟していない。小林がアクションを起こしても、ごく限られた選手しかそれに反応できていない印象だ。
 
 この試合、小林の総走行距離は、川辺駿の12.605キロに次ぐ、チーム2位の12.348キロを記録。流動性を生み出そうと懸命に走り回れば、「ボールを持った時には疲れている」のも仕方がない。それでも、小林は「やらなければならない」と前を向く。
 
 小林は苦悩している。「分からないけど、俺が変えるべきなのか、周りが変えるべきなのか」と。
 
 ひとつの打開策として、背番号4はこんな風に考えている。
 

1/2ページ

最終更新:7/24(日) 17:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。