ここから本文です

【J1採点&寸評】広島×神戸|浅野、塩谷の離脱を感じさせないハイパフォーマンスで広島が神戸を粉砕

SOCCER DIGEST Web 7/24(日) 7:00配信

広島――集中力の高い守備を見せたディフェンス陣を高評価。

【チーム採点・寸評】
広島 6.5
塩谷が抜けた守備面は不安視されたなか、全員で集中力を高く保って戦い抜いた。エースが先制点を奪うと、その後はカウンターでゴールを狙う得意の展開に持ち込んだ。
 
神戸 5
前半は積極性を欠いて広島にペースを握られ、CBがP・ウタカに振り切られて先制点を奪われる。後半は攻撃のギアを上げたが、決定機を逃した後に追加点を奪われて万事休す。
 
【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 6.5
ポゼッションの判断が悪い場面もあったが、DF陣の高さ不足を補って4試合ぶりの完封に貢献。
 
DF
37 宮原和也 6.5
相手の攻撃に対し、冷静に身体を当てて対応。集中力も高く、後半は塩谷のように持ち上がってチャンスを作る場面も。
 
5 千葉和彦 6.5
腕章を巻いてプレーし、集中力を高く保って隙を作らなかった。塩谷不在の不安を吹き飛ばす完封勝利。
 
16 清水航平 6.5
2年ぶりにディフェンダーとして起用されるも不安なところはなく、P・ウタカの先制点を引き出す縦パスを入れる。
 
MF
14 ミキッチ 6
縦への突破は成功しなくてもCKを獲得して相手を押し込んだ。守備でも穴を作らず役割を全う。
 
28 丸谷拓也 6
ミドルレンジのパスが精度を欠く場面も散見したが、守備ブロックの中央をしっかりと締めた。
 
8 森﨑和幸 6(79分OUT)
清水ともミスなくパス交換してポゼッションを落ち着け、できるだけカウンターを受けないよう試合を進めた。
 
18 柏 好文 6
前半からドリブルで相手を破り、クロスだけでなくシュートも狙いに行く。ゴールを奪えなかったのが残念。
 
31 宮吉拓実 6.5(86分OUT)
運動量を豊富に保って攻守に貢献し、貴重な追加点をゲット。非凡なシュートセンスを披露した。
 
30 柴﨑晃誠 6
多くあったセットプレーが得点につながらなかったのは残念だったが、守備への貢献度は高い。
 

【J1ベストイレブン】柏の俊英CBがMVP。神戸のエース、広島のアタッカーも仕事をした|2nd・4節

1/3ページ

最終更新:7/24(日) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。