ここから本文です

【新潟】伊藤優汰がピッチ内で見せた激情とピッチ外で見せた笑み

SOCCER DIGEST Web 7/24(日) 19:35配信

「クロスが相手の足に当たって、上手く良いポイントに飛んでくれた」

[J1・第2ステージ5節]大宮 1-2 新潟 7月23日/NACK
 
 時折ピンチを迎えるものの、前半は大宮のシュートを3本に抑えた。対して新潟は11本。積極的なプレスと、出入りを繰り返しながらパスを回し、要所でドリブルを組み込む攻撃で、押し込んでいた。
 
 しかし、「僕でさえ怒りたくなるような決定機の逃し方」(吉田達磨監督)があり、逆に相手にはクロスがそのままゴールへ吸い込まれたような、ラッキーな得点が生まれた。45分が終わった段階で0-1。
 
 これがサッカーの面白さ、とでもいうような展開は後半も続いた。よりボールを支配して、主導権は完全に握っている。なのに、ゴールが遠い。それは少しだけ不思議な光景でもあった。
 
 その状況を見かねたのか、「多くのチャンスを作ることはできている。後半にも必ずチャンスは来る。少しだけ落ち着いてゴールを決めるだけだ」とハーフタイムコメントを出していた指揮官は、早々に手札を切った。
 
 まずは54分に4-1-4-1の左サイドハーフに入っていた山崎亮平に代えて、リオ五輪のバックアップメンバーに選出された鈴木武蔵を投入。矢継ぎ早に、65分にはトップで奮戦していた成岡翔に代えて、ドリブラーの伊藤優汰を入れた。
 
 この采配がズバリ。66分、大宮のCB河本裕之が縦に入れたボールを小林裕紀がカット。腰を捻るような動作から、左足で右サイドの伊藤へとパスを通した。選択肢はドリブル突破の一択……では、なかった。
 
「そのままクロスを上げようと最初は考えた。でも、それで良いイメージが湧かなかったから、トラップして仕掛けようと。(左足で一回跨いで)縦にちょっと出してクロスを上げたら相手の足に当たって、上手く良いポイントに飛んでくれた」
 
 利き足とは逆の右足から放たれたボールは、河本が伸ばした右足に当たって、まるでループシュートのようにGK加藤順大の頭をふわりと越えた。そこに走り込んでいたのが、ラファエル・シルバだ。背番号10のヘディングによって、同点ゴールはもたらされた。
 
 その2分後には、野津田が代名詞であるキャノン砲を得意の左足ではなく、右足でゴールネットに突き刺している。これで2-1。残り時間25分の段階で、この試合の最終スコアは確定した。

【大宮 1-2新潟 PHOTO】大宮が江坂のゴールで先制するも、新潟が野津田のゴールで逆転勝ち!

1/2ページ

最終更新:7/25(月) 12:58

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。