ここから本文です

監督解任の前夜に明かした森重真人の苦悩――「自分たちは信じながらやるしかない」

SOCCER DIGEST Web 7/24(日) 19:11配信

欲しいのは結果。「内容の部分にはフォーカスしにくいです」。

 城福監督の解任が発表される前夜、FC東京は7月23日の第2ステージ5節・川崎戦に0-1で敗れた。粘り強い守備で川崎の猛攻をしのいでいたが、81分に小林にゴールを許して敗戦。試合はおおむね「攻められてはいましたけど、自分たちのプラン通りに進められていた」(河野)だけに、ショックの大きい黒星だった。
 
 試合後のミックスゾーンでは、その失意を表すように、小さくない不安が渦巻いていた。N・バーンズが「今日は気候も精神面も含めて、すごく難しい試合でした。そのなかで決定機を作りながら、負けてしまったこと。それを受け止めたいと思います」と言えば、河野は「ムリキが(決定機を)決められなかったところと、最後に我慢ができなかったところ。しなきゃいけないし、1-1にでもして終わらせなきゃいけなかった」と語る。
 
 ディフェンスリーダーとして守備を支え続けた森重も、胸にしこりを抱えていた。
 
「チームのために勝利に貢献したいという気持ちはずっと持っているので、それが裏目に出ているのは、もっとなにか変えないといけないのかなと、個人的には思っています」
 
 立ち上がりこそ川崎に押し込まれたものの、積極的に最終ラインを上げた前半半ばからは、「手応えを感じながらやっていました」。実際に「最初は相手の早いパスワークで間(ディフェンスのギャップ)で受けてきたので怖い部分もありましたが、そこをしのいでなんとか自分たちも良い形で守備をできていましたし、90分通しては、チームとしては良い戦いはできたんじゃないかなとは思います」と自分たちのパフォーマンスに一定の評価を与えている。
 
 しかし――。次に続けた言葉が、森重の追い込まれた心情を素直に表していた。
 
「ただ、それに結果が付いてきていない。今チームに一番欲しいのは結果なので、難しいというか、これがシーズンの2、3試合目であればこのやり方を続けていければ大丈夫だという自信を持ちながら次の試合に迎えると思うんですけど、今は一番結果がほしいので、内容の部分にはフォーカスしにくいです」

1/2ページ

最終更新:7/24(日) 21:16

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。