ここから本文です

イギリス植民地時代に開拓された スリランカが誇る美しき紅茶の名産地

CREA WEB 7/24(日) 12:01配信

Magnificent View #1027ヌワラエリヤ(スリランカ)

 一面に茶畑が広がるのは、スリランカの中部にある紅茶の産地、ヌワラエリヤ。

 かつてこの国にはイギリスによって大規模な紅茶畑が開拓されたが、ヌワラエリヤはその代表的な場所だ。

 標高1868メートルの高原地帯に位置するここは、紅茶の産地としては国内で最も標高が高く、気温が低い場所。イギリス植民地時代は避暑地としても栄え、街には、当時に建てられた英国調の建物も多く残る。

 ヌワラエリヤで生まれる紅茶の特徴は、日本の緑茶にも似た適度な渋味とデリケートな花の香りがすること。その優雅な味と香りは、世界中で愛されている。

 ちなみに、茶畑一帯はご覧のように晴天の日ばかりでなく、雨や霧の日も多い。だが、たっぷりの太陽とたっぷりの雨は、おいしい紅茶を育てる大切な条件のひとつ。雨も降ってこそ、ここで名品が生まれるのだ。

芹澤和美

最終更新:7/24(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。