ここから本文です

「伸びしろですね!」前園真聖とじゅんいちダビッドソンが5人制サッカーの世界大会をPR

東京ウォーカー 7/25(月) 21:33配信

アマチュア5人制サッカーの世界大会「F5WC」(Football Fives World Championships)の日本予選である第3回「アットホーム F5WC JAPAN CHAMPIONSHIP 2016-2017」(以下、「アットホーム F5WC 2016-2017」)が、2016年10月に開催することが決定。7月25日(月)から、一般参加者のエントリーが開始された。

【写真を見る】軽快なトークで盛り上げた前園さん(右)とじゅんいちダビッドソンさん(左)

同日に行われた開催発表会見には、2015年の第1回大会から3年連続で大会アンバサダーを務める元サッカー日本代表の前園真聖さんが出席した。また、今年6月にチェコで行われたフィンスイミングのワールドカップ (W杯)マスターズ大会に日本代表として出場し、リレーで銀メダルを獲得したお笑い芸人のじゅんいちダビッドソンさんも登場。前園さんとともに“日本代表”としての経験を語った。

前園さんは「F5WC」について、「緊張感のある大会でやれるということは幸せ。世界大会に出て、世界のレベルを肌で感じることはそうない」とコメント。「僕はそれをプレッシャーではなく、モチベーションに変えてやっていた。プレッシャーと感じるとプレーが小さくなるので、F5WCに出る選手も真剣勝負を楽しんでほしい」と、自身の経験を交えて期待を語った。

一方、じゅんいちさんは「フィンスイミングのマスターズ大会では、海外に行くと運営がずさんなときがある」と明かす。リレーで銀メダルを獲得したが、個人競技では試合直前にいきなりエントリーの順番を変えられたことで、本来の実力を出せなかったと告白。「全然ダメで、練習でも何回か出していたようなタイムだった」と悔やむとともに、世界大会で力を出す難しさを説いた。

また、最後に大会のPRを求められたじゅんいちさんは、サッカー日本代表の本田圭佑選手の物まねで「アマチュアの方でも、世界を体感できるチャンスがあると。これは何かわかります?」と発言。続けて、前園さんと2人で「のびしろですね!」と決めゼリフを放った。ところが、息はピッタリだったものの突然のフリだったらしく、前園さんは「何なのいきなり」と冷や汗ものだった模様。それでもじゅんいちさんは、「これが協調性です」と胸を張って周囲を笑わせた。

「F5WC」は、2013年にドバイでスタートした16歳以上のアマチュア選手を対象とした世界最大のアマチュア5人制サッカー大会。全6大陸32ヶ国で予選大会が開催され、各国で行われる予選大会の優勝チームが、国を代表して世界大会に出場する。

日本代表を決定する日本大会「アットホーム F5WC 2016-2017」は、東北、関東、東海、関西、九州エリアの30会場で10月1日(土)より順次、予選大会を実施。各会場での予選大会を勝ち抜いた30チームに加え、特別推薦のチームを合わせた32チームが、2017年2月12日(日)に東京都内で開催される決勝大会に進み、北京で開催される世界大会への切符をかけて戦う。【東京ウォーカー】

最終更新:7/26(火) 13:43

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

東京ウォーカーの前後の記事