ここから本文です

「プロパー社員」~職場で生え抜き、正社員、自社社員を特別視!?そうでない社員が痛感する“ギャップ”とは

日本の人事部 7/25(月) 7:30配信

「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向社員ではないという意味で「新卒採用の生え抜き社員」を言ったり、派遣社員や契約社員に対する「正社員」の意味で使われたりする言葉です。IT業界では、下請け会社や協力企業などの外部スタッフと区別して、自社社員のことを「プロパー(社員)」と呼びます。

職場で生え抜き、正社員、自社社員を特別視!?そうでない社員が痛感する“ギャップ”とは

Properという言葉は本来、「正しい」「適切な」「本来の」などの意味を表す英語の形容詞ですが、現在、ビジネスで広く用いられている「プロパー」は、これが転じた和製英語。他の言葉と熟語を成すことが多く、「プロパー社員」はその典型例の一つです。主に職場内や業界内の用語として使われるせいか、社会人になってから初めてその言葉を聞く人がほとんどで、コピーライター、エッセイストの糸井重里氏が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の連載「オトナ語の謎」でも、ビジネストークに頻出する意味の分かりにくい独特な言葉――“オトナ語”の例として紹介されています。また、このオトナ語に関して、ライフネット生命がビジネスパーソンを対象に行った調査によると、職場で使う<カタカナ語・外来語が由来のオトナ語>の第2位が「プロパー(社員)」でした。

「プロパー社員」は、主に三つの意味で用いられます。一つ目が、中途入社や出向社員ではない、新卒入社から在籍する「生え抜きの社員」という意味。二つ目が、契約社員や派遣社員、パート社員など非正規雇用に対する「正社員」という意味。そして三つ目に、協力会社や下請会社の社員などが常駐している職場で、そうした外部スタッフと区別するために「自社の社員」を「プロパー」と呼ぶケースです。

いずれにせよ、日本のビジネスシーンにこうした独特の表現が根付いているのは、同じ職場やチームで働くメンバーであっても、お互いの身分や立ち位置に敏感で、その差異にこだわる意識が強いからかもしれません。実際、「プロパー社員」とそうでない社員との間には、さまざまな “壁” や “ギャップ” があるようです。

今年1月、総合人材サービスのマンパワーグループが、過去5年以内に転職経験を持つ正社員の男女400人を対象に転職後の実態に関する調査を実施し、入社後、生え抜きの「プロパー社員」にどのようなギャップを感じるかを訪ねました(複数回答可)。それによると、最も多かった答えが「何かと融通が利かない」で21.8%。「給与体制」が2位で18.3%、3位が「保守的でチャレンジをしたがらない」で14.3%という結果でした。ギャップを感じた具体的なエピソードとしては、「プロパー社員はその会社しか知らないため、視野が狭く、他のやり方を受け入れない」といった厳しい声も寄せられています。

最終更新:7/25(月) 7:30

日本の人事部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日本の人事部

株式会社アイ・キュー

毎週更新

無料

日本最大のHRネットワーク。企業研修、採用
、評価、労務などのナレッジコミュニティと
して、イベントや雑誌などと連動しながら
「人・組織」に関する課題解決をサポート。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。