ここから本文です

【World Snap Column】“男”と“艶”を上げる時計が浸透中

MEN’S+ 7/25(月) 20:30配信

【PITTIでも注目!】 ブルガリ ディアゴノ マグネシウム

 ピッティ会場で目を引いたのが、時計をスタイルのアクセントとして効果的に使っているファッショニスタたち。 
 
 彼らの腕元には有力ブランドの時計が顔を揃えていましたが、特に目立っていたのが“ブルガリ ディアゴノ マグネシウム”なんです。スポーティかつ男っぽい艶も感じさせる「骨太ラグジュアリー」な時計として小誌でもプッシュ中ですが、その魅力はピッティ会場でも浸透しつつあるようです。

【“男”と“艶”を上げる時計を着用したファッショニスタ3名一覧画像】

 時計としての実力はもちろん、モーターラック加工が施されたダイヤルとラグが醸し出す落ち着いた雰囲気で、スーツにもカジュアルにも幅広く取り入れられるのが人気の秘密のよう。ここではぜひ真似してほしい、コーデのアクセントとしての時計使いをご紹介しましょう!


【ラッカーダイヤルの質感は幅広いスタイルに似合う】

ダイヤルのシックな表情と独特の色みは腕元を大人っぽく彩る。先進素材を積極採用し、高い機能性とデザイン性を両立している。左のブルーのほか、シルバー、ブラウン、ブラックの計4色展開。自動巻き、マグネシウム&PEEKケース、ケース径41mm、100m防水。

メンズクラブ編集部

最終更新:7/25(月) 20:30

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。