ここから本文です

ドルトムント戦惨敗で焦燥感漂うモウリーニョ、マンU改革に提示したのはまさかのポケモン禁止令

Football ZONE web 7/25(月) 8:10配信

世界で旋風を巻き起こす「ポケモンGO」

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、選手たちが試合前に「ポケモンGO」を使用することを禁止したと英紙「デイリー・スター」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 現在、スマートフォン用アプリ「ポケモンGO」は世界中で旋風を巻き起こしており、今月22日には、ついに日本でも配信がスタートし、大きな話題となっている。その勢いはサッカー界にも進出しており、日本代表MF香川真司とドルトムントで同僚であるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンや、欧州選手権でMVPと得点王に輝いたアトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンなど世界屈指のフットボーラーも虜にしているようだ。

 しかし、今季からユナイテッドに就任したモウリーニョ監督は、この人気爆発のアプリであるポケモンをさほど快く思っていないという。クラブ関係者によると、モウリーニョ監督は試合前のポケモンを封じることを要求しているようだ。

「48時間、ポケモンをやめよ」

「ジョゼが望んでいるのは、選手とスタッフが素晴らしい関係を築くことであり、練習と試合以外はクールダウンとリラックスに時間を費やすことが重要だと考えている。彼はオールド・トラフォードでどうしていくべきかをまだ模索しており、慎重に分析している。彼が今最も頭を悩ませている存在はポケモンであると言っており、試合前の48時間はポケモンから離れ、その試合の何日も前に必死に練り上げた彼とスタッフの戦術に集中してほしいと考えている」

 モウリーニョ監督は21日に行われた国際親善試合のインターナショナル・チャンピオンズカップでドルトムントと対戦したが、1-4と大敗していた。いきなり出鼻をくじかれることとなった”スペシャル・ワン”は、ポケモンの存在すら懸念するほど焦燥感に駆られているのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/25(月) 8:10

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革