ここから本文です

種類豊富な「美容オイル」、どれを選んだらいい?美容オイルコンシェルジュのおすすめは…

OurAge 7/25(月) 17:10配信

ここ数年、注目されているオイル美容。「肌につけるオイルは、食べるオイルとは違った選び方が必要です」とは、日本オイル美容協会代表理事であり、美容オイルコンシェルジュとしても活躍するYUKIEさん。

「肌にトラブルを抱えながらの乾燥対策は、バリア機能を整えることが大切。人間の肌にも含まれる、酸化しない天然成分ワックスエステルを含むホホバオイルは注目です。また、美白作用が期待できるマルーラ、アンチエイジング効果の高いアルガンオイルなど、肌悩みに応じて取り入れると、効果が高まると思います」
早速、おすすめの美容オイルについて教えてもらった。

◆ジェイ・シー・ビー・ジャポン/ローズ ド マラケシュ アルガンオイル
「アルガンツリーの果実の種子から抽出した稀少なオイル。抗酸化力の高いオリーブオイルの約10倍ものビタミンEや、体のエネルギー源となる不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。サラリとした使用感で肌に馴染み、肌にハリと弾力を与え、シワを滑らかにしてくれます」

◆サンナチュラルズ/プレミアム ピュアジェイオイル
「皮脂の主成分のひとつであるワックスエステルを、唯一植物で含んでいるのがホホバオイルです。水分やヒアルロン酸などの美容成分を抱え込み、長時間キープ。バリア機能を整え、肌に栄養をチャージして、きめが細かく潤いのある赤ちゃんのような肌に導きます」

◆ナジャペレーネ/マルーラオイル
「アフリカに自生する『神の木』といわれるマルーラの種子から、独自製法で抽出した美容オイルです。皮膚に存在する成分に近く、酸化しにくいオレイン酸を70%以上含み、驚きの浸透力でシワやシミ、くすみなど、さまざまな肌の悩みにアプローチします」

◆リブレライフ/ブラン-ドリップ スキンケアオイル
「防腐剤、界面活性剤、酸化防止剤フリーで、米油にしか含まれていないγ-オリザノールを含有。美肌成分を丸ごと搾る低温圧搾法を採用した、優れた保湿力と美肌力を持つ米ぬかオイルです。しっかりと肌に馴染み、肌のきめを整えてくれますよ」

最終更新:7/25(月) 17:10

OurAge