ここから本文です

大卒じゃなくても就ける高給な職業

ライフハッカー[日本版] 7/25(月) 21:10配信

きちんとした仕事に就くにあたって、かならずしも大学の学位が必要というわけではありません。教育を受けるコストも高くなっているので、大学に行かないという選択もアリなのかもしれません。今回ご紹介するのは、アメリカで高卒でも就くことができる給料の高い職業です。

自分の人生においてどんな仕事をしたいかにもよりますが、学校に行くことは必須ではないのです。実際のところ、少しの経験と頑張りだけで、大学の学位が必要な多くの仕事と同じくらい、いやそれ以上に高い給料がもらえる仕事があるのです。Business InsiderのRachel Gillett氏が、「US Bureau of Labor Statistics」のデータをまとめ、大学に通わなくても就ける、給料の高い仕事を選出しています。

そして、こちらがそのトップ5です:

1.運送、倉庫、流通のマネージャー:2022年までに29,100の仕事が見込まれ、平均賃金が81,830ドル
2.警察や刑事の第一線監督者:2022年までに35,700の仕事が見込まれ、平均賃金が78,270ドル
3.エレベーター工事業者:2022年までに8,000の仕事が見込まれ、平均賃金が76,650ドル
4.原発オペレーター:2022年までに2,300の仕事が見込まれ、平均賃金が74,990ドル
5.刑事や犯罪捜査官:2022年までに27,700の仕事が見込まれ、平均賃金が74,300ドル

ほかの給料の高い職業としては、不動産ブローカー、クレーム清算、ゲームマネージャー、発電所のオペレーター、民間航空会社のパイロットなどでした。注意してほしいのは、これらの職業は大学の学位が必要ないからといって、就くのが簡単というわけではありません。あまり理由がなくても、大学に入り直したり、新しい分野に足を踏み入れるのに、遅すぎるということは絶対にありません。こちらのリンクから、それ以外の仕事もチェックすることができます。

Patrick Allan(訳/コニャック)
Photo by Shutterstock.

最終更新:7/25(月) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ