ここから本文です

トイレットペーパー TP-RAMA展

Casa BRUTUS.com 7/25(月) 15:00配信

雑誌『トイレットペーパー』が登場したのは2010年のこと。

現代アート作家のマウリッツィオ・カテランと写真家ピエルパオロ・フェラーリによる雑誌の名が、そのまま彼らのデュオ名でもある。そのハイパーリアルな作品は、従来の広告やモード写真にお決まりのコードを小気味よく裏切り、瞬く間に世界の雑誌や美術関係者の話題に。NYタイムスやリベラシオン紙はじめ〈パレ・ド・トーキョー〉の窓を埋め尽くし、センセーショナルな人気を獲得してきた。

食物、動植物、モードの既存ビジュアルをもとに、写真環境、心理、時代性を再構築した作品群は、ヴィンテージの薫りと飽和する色が超現実的な世界へ誘う。「イメージのリサイクルを通して、継続可能な創造性をメディアに提供する」という彼らは、家具やオブジェ、衣服、本、動画制作にも乗り出す。館内美術館での展示のほか、ウィンドウや店内装飾も合わせて、トイレットペーパー世界を堪能したい。

〈Galerie des Galeries, Galeries Lafayette〉

1F 40 Bd. Haussmann 75009 Paris TEL 33 1 42 82 81 98。~9月10日。11時~19時。日曜・月曜休。無料。

photo_(c)TOILETPAPER text_Chiyo Sagae

最終更新:7/25(月) 15:00

Casa BRUTUS.com