ここから本文です

乃木坂46、結成5周年前に変革の季節へ 『裸足でSummer』『真夏の全国ツアー』で注目すべきこと

リアルサウンド 7/25(月) 7:02配信

 乃木坂46が、7月27日に15枚目のシングル『裸足でSummer』をリリースする。

 前作『ハルジオンが咲く頃』でセンターを務めた最年長メンバー深川麻衣が6月に卒業。今回の表題曲では、1期生最年少メンバー齋藤飛鳥へとセンターのバトンが渡された。「裸足でSummer」は、夏らしいトロピカルハウス調の楽曲。作曲を務める福森秀敏は、これまでゲーム音楽を多く手がけてきたサウンドデザイナーであり、乃木坂46への楽曲提供は初となる。同じく今回が初めてのセンターポジションとなる齋藤は、レギュラー番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)15thシングル選抜発表回にて「夏曲だし、私明るい曲似合わないし……」と弱音を吐いてはいたが、MVでは沖縄での青空の元、海辺で爽やかなダンスを見せている。

 ほか収録曲には、『第36回全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)の応援ソングであり「裸足でSummer」に通ずるようなダンスチューン「僕だけの光」。白石麻衣にとって初のソロ楽曲「オフショアガール」、生田絵梨花は「あなたのために弾きたい」「低体温のキス」に続き3曲目のソロ楽曲「命の真実 ミュージカル『林檎売りとカメムシ』」を収録している。特に本格的なミュージカル調である生田のソロ楽曲は、ミュージカル『虹のプレリュード』など様々な演劇経験を経てきた生田でしか成し得ない、個性が活かされた楽曲に仕上がっている。また、息のあった仲良しコンビとして『乃木坂工事中』やオフィシャルブログでも紹介されることが多い、伊藤万理華、井上小百合によるクールなシンセサイザーが印象的なダンスナンバー「行くあてのない僕たち」も特筆しておきたい。

 乃木坂46は、先月6月に静岡エコパアリーナにて開催した深川麻衣卒業コンサートを皮切りに『真夏の全国ツアー2016』をスタートしている。7月22日の大阪城ホールをもって本格的にツアーが開始となり、ツアーファイナルの明治神宮野球場公演は今年2月に開催出来なかった「4th YEAR BIRTHDAY LIVE」も兼ねた3日間のスペシャルなライブだ。2013年より始まった『真夏の全国ツアー』は乃木坂46、そしてメンバー1人ひとりにとっても重要なツアーとなっている。昨年2015年のツアーでは、「乃木坂らしさとは何か」をテーマに全国のファンに研ぎ澄まされたステージパフォーマンスを見せつけた。

 2013年にリリースした「ガールズルール」をはじめ、「夏のFree&Easy」「太陽ノック」と毎年夏曲と呼ばれる楽曲を発表してきた乃木坂46。ツアーの大阪公演に合わせるように始まった『裸足でSummer』の先行配信、「裸足でSummer」のライブ振り付け動画の公開など、グループがこのツアーに重きを置いているのは明らかだ。この1年で躍進を遂げた欅坂46の存在や現在募集している3期生オーディションなど、8月21日で結成5周年を迎える乃木坂46が世代交代の波を乗り越え、この夏どのような変革を遂げるのか。センターポジションとして先頭を切る齋藤飛鳥にも注目だ。

渡辺彰浩

最終更新:7/25(月) 10:06

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。