ここから本文です

ペップ、周囲が煽るモウリーニョとの対決に「握手する。我々は知性ある大人」

フットボールチャンネル 7/25(月) 8:00配信

 3年ぶりの対決を迎えるジョセップ・グアルディオラ監督とジョゼ・モウリーニョ監督。加熱する報道に対し、グアルディオラ監督は「彼と握手をする」と友好ムードをアピールする。24日、スペイン紙『アス』が報じている。

 現地25日、北京で対戦するマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッド。チーム以上に監督対決に注目が集まる中、グアルディオラ監督は「なぜ、握手を避けねばならないのだ?握手をしない理由は何もない。彼も勝ちたいだろうし、私も勝ちたい。それだけだ」と述べ、「我々は知性ある大人なのだ」と過熱する周囲にクギを刺した。

 モウリーニョ監督率いる新生ユナイテッドは、その初戦でドルトムントに完敗を喫しているが、「その試合を見たが、彼らがどうなるのかを知るにはあまりにも早すぎる。新監督、優れた選手たちとともに、昨年よりも良くなるだろうと確信している」とライバルを評している。

 グアルディオラ監督とモウリーニョ監督の対戦は、2013年のヨーロッパスーパーカップにさかのぼる。当時は、それぞれバイエルン・ミュンヘンとチェルシーを率いており、この時はPK戦でグアルディオラ監督に軍配が上がっている。

 非常に冷静なグアルディオラ監督のコメントだが、メディアは必要以上に2人の対決を煽ることだろう。いやが上にも帰ってきた両雄の対決に注目が集まるのは致し方ないところか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/25(月) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。