ここから本文です

「ジダン監督と話し、残留を決意した」DFヴァラン、今季も愛するレアルでプレー

フットボールチャンネル 7/25(月) 8:20配信

 レアル・マドリーのDFラファエル・ヴァランは、ジネディーヌ・ジダン監督との話し合いで残留を決めたことを明かしている。24日、スペイン紙『アス』が報じている。

 カナダ・モントリオールに遠征中のマドリー。この日会見の場に現れた、ヴァランは「ジダン監督と話し合い、残留を決断した。ここには自分が成長を続けるための全てがある。チーム、ファンを愛している。皆、私がカンテラ(下部組織)出身者かのように扱ってくれる」と移籍の噂があったことを封印する。

 また、フランス代表のチームメイトでもあるMFポール・ポグバについて「彼は友人だし、移籍の事についても話した。ただ、これは彼の問題であって、私が言えることは何もない」と語り、同じく、代表、クラブでも同僚のカリム・ベンゼマについて「彼はフィジカルコンディションを整えるのに集中している。ハッピーに見えるし、早くプレーしたいようだ」と述べた。

 そして、今季もDFセルヒオ・ラモス、ペペとのハイレベルなポジション争いが待っているが、「チームが皆を必要としていることは分かっている。自分のレベルを高めたい。競争は常にいいものだ」と意気込みを語る。

 昨シーズン終盤のケガで、チャンピオンズリーグの決勝、自国開催のEURO2016への出場を棒に振り「ネガティブな思い出は過去のものにしたい」と語る24歳のDFは、今季から尊敬するジダン監督が現役時代につけていた背番号5を継承する。今年こそ歓喜の輪に加わりたいとモチベーションは高そうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/25(月) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)