ここから本文です

エース流出間近のナポリがインテルFW獲得に全力! 代理人の“悪妻”を口説き落とす秘策を提示

Football ZONE web 7/25(月) 14:19配信

イグアインのユベントス移籍が決定的なナポリが、元セリエA得点王のイカルディを狙う

 昨季にセリエAの最多得点記録を更新したエースのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがユベントス移籍合意と報じられているナポリは、その穴埋めとしてインテルのFWマウロ・イカルディ獲得に動いているという。そして、そこには異例の付帯条件が付いていると、イタリア衛星放送局「スカイ・イタリア」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 ナポリは、昨季リーグ戦で35試合出場36得点という驚異的なゴール数を記録したエースを失った。その後釜には、日本代表FW本田圭佑が所属するACミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカも浮上しているとされているが、並行して日本代表DF長友佑都のチームメートであるインテルのエースで、2014-15シーズンのセリエA得点王であるイカルディにも移籍交渉を持ち掛けているという。

 インテルはイカルディを売却不能な選手と位置付けているとされ、イカルディ自身もインテルでのプレー継続を強調している。しかし、この状況をかき回しているのが、イカルディの妻であり代理人のワンダ・ナラだ。

 インテルが約束している昇給を果たしていないことに憤慨し、「インテルは財政的な問題が解決したら昇給すると約束したのに、それを果たそうとしていない」と怒りの声明を発している。 先日には、ロンドンへ飛んでアーセナルに対して売り込みをかけたとも報じられた。

プライド高き妻には映画出演オファー

 ワンダ・ナラは、サッカー選手の妻としてはいわくつきの存在だ。同じアルゼンチン代表FWマキシ・ロペスの妻だったが、サンプドリア時代にホームシック状態のイカルディを弟のように可愛がっていたロペスの知らないうちに、衝撃のくら替え。イカルディとの不倫が原因で離婚し、インテルと対戦した際にはロペスがイカルディとの握手を拒否するなど遺恨が残った。アルゼンチンのレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏も、イカルディのことを「あいつは死人だ」と罵倒するなど、信じられないトラブルを引き起こしてきた。

 人気モデルとして注目を集めることを好むナラは、離婚裁判が続いている最中に堂々とミラノ市内でイカルディとの同棲生活をスタート。「28時間で15回も○○した」という仰天発言が友人を通じてメディアに暴露されるなど、大炎上状態になっていた。そして現在は、夫の代理人として波紋を広げている。

 その存在に目を付けたナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、イカルディに対するオファーだけでなく、ワンダ・ナラに対してもプライドをくすぐるような条件を提示しているという。それは、移籍が成立すれば自身がプロデュースする映画にキャスティングするという異例の付帯条件だとされている。

 インテルに対しては5000万ユーロ(約58億円)のオファーに加え、MFマノロ・ガッビアディーの保有権を交渉に含めるなど、イカルディ獲得へ全力を傾けているという。まずは悪妻のハートをつかみにかかるという戦略に出たラウレンティス会長は、エースの穴埋めとしてイカルディを獲得することができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/25(月) 14:19

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。