ここから本文です

海外ツアーに積極的なプレミア勢 最長移動距離のクラブは3万キロ超! 岡崎のレスターは…

Football ZONE web 7/25(月) 15:20配信

英メディアが集計 1位のトットナムは20クラブ中で断トツの強行軍

 プレミアリーグ各クラブは8月13日の新シーズン開幕に向けてプレシーズンマッチに臨んでいるが、普段のリーグ戦では考えられない長距離移動を強いられている。英公共放送「BBC」によると、全20クラブの総移動距離はなんと17万2413マイル(約27万7412キロ)にも及ぶという。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 近年、アジアやアメリカ大陸でプレシーズンマッチを戦って、クラブの収入源とする方法論は各国クラブに浸透している。サッカー金融専門家ロブ・ウィルソン氏は「プレシーズンマッチは巨大な“儲けどころ”だ。もしクラブが2週間の海外ツアーを敢行したとすると、500万ポンド(約7億円)から1000万ポンド(約14億円)を創出でき、クラブによってはそれ以上の収益を上げるところもあるはずだ」とコメントしている。

 そのため、今季も強豪クラブを中心に海外ツアーを敢行。こうした状況を踏まえて、同メディアは各クラブのプレシーズンマッチでの移動距離を算出している。

 最も“長旅”となるのは、昨シーズン3位に入ったトットナムだ。ノッティンガム・フォレスト戦とフルハム戦はトットナムの練習場で行なわれたが、26日のユベントス戦、29日のアトレチコ・マドリード戦はオーストラリアのメルボルンで行われるため、長距離の移動を強いられる。そして翌月5日にはノルウェーのオスロに戻ってインテルと戦うという超強行軍で、その合計距離は2万2468マイル(約3万6151キロ)。2位のチェルシーが1万4345マイル(約2万3081キロ)だけに、他クラブを大きく引き離してのトップとなった。

レスターの移動距離も1万マイル超え

 日本代表FW岡崎慎司が所属する昨季王者のレスターも、積極的な日程を組んでいる。30日にアメリカのカリフォルニア州カーソンでパリ・サンジェルマン戦に臨み、翌月3日にはスウェーデンのストックホルムへと渡ってスペイン王者バルセロナと激突。トットナムほどではないにせよ、1万2415マイル(約1万9975キロ)はUEFAチャンピオンズリーグ初参戦を控えるチームにとっては軽くない負担となるだろう。

 2クラブ以外にもアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、クリスタル・パレス、リバプール、ウェストハムが移動距離1万マイル(約1万6000キロ)を超える。特に目立つのは同じ英語圏のアメリカ遠征で、プレミア勢は計17試合を戦う予定となっている。

 とはいえアメリカの「USAトゥディ・スポーツ」のコラムニスト、マーティン・ロジャース氏は「プレミアは関心を持たれている――試合は盛況となるだろう。しかしアメリカ人ファンも目が肥えてきている。彼らは“二軍”のチェルシーもしくはリバプールを見るのはすぐに飽きるだろう。オープン戦とメジャーリーグサッカーの戦いとの差に気づいている」と否定的な意見があるのも事実だ。

 開幕前にひと稼ぎしつつも、序盤戦に選手のコンディションをどう保つか――。各クラブは葛藤を抱えながら、今夏も海外遠征に臨んでいる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/25(月) 15:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。