ここから本文です

相次ぐセックステープ流出。今度はイングランド代表が被害に「選手は怯えている」

フットボールチャンネル 7/25(月) 10:20配信

 リバプールに所属するイングランド代表選手のセックステープが流出したようだ。24日に英紙『ザ・サン』が報じている。

 先月行われたEURO2016にも出場したイングランド代表DFナサニエル・クラインのセックステープがウェブに流出した。スマートフォンで撮影されたとみられているその映像には、同選手とある女性がセックスをしている場面が映されており、その部屋には同選手の友人も1人映っているという。流出を知ったクラインの関係者はマージーサイドの警察に通報したようだ。

 クラインに近い人物は「選手は怯えていたよ。彼はまだ独身だけど、誰かが彼の評判や名声を台無しにするためにわざとそのセックステープを流出したと感じている」と選手の様子を明かした。

「クラインの代理人は、明らかに名誉を傷つける行為だと理解して、警察に通報すべきだと判断した。彼はリバプールとイングランド代表でプレーし、彼のキャリアに専念していた若い青年なんだ」

 流出したセックステープは、クラインがサウサンプトンに所属していた時の2014年に撮られた物であるようだ。しかし、一体誰が撮影し、どのようにしてウェブへ流出したかは未だ分かっていないとのこと。その通報を受けた警察は、クラインへの評判を落とす為の仕業とみて現在捜査中であることを英紙『デイリー・ミラー』に告げている。

 新シーズンに向けてリバプールでプレシーズンを始めたばかりのクライン。ユルゲン・クロップ監督からレギュラー選手として考えられていることからも、一刻も早くこの事件に決着を付けたいことだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:7/25(月) 10:42

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。