ここから本文です

“レアル対マンC”の抗争が移籍市場で勃発! かつての宿敵ペップが銀河系軍団の脅威に…

Football ZONE web 7/25(月) 18:52配信

二人の俊英アタッカー獲得レースも、マンCがリードか

 新シーズンに向けての移籍市場で不気味なほど静かな動きが続いているレアル・マドリードだが、現在の補強ターゲットはマンチェスター・シティの監督に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督との争いが勃発していると、スペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 近年のレアルは、毎年のように各国のスーパーエースを獲得して“銀河系軍団”構築をいそしんできたが、ここ2シーズンで驚きのビッグネーム加入はない。特に今夏は、ここまでスペイン代表FWアルバロ・モラタをユベントスから買い戻したのみということもあって、今後の獲得レース参戦に興味が集まっている。そのなかで目の上のたんこぶとなっているのが、シティの存在だ。

 まずは“ネイマール二世”との呼び声も高い、U-23ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスだ。宿敵バルセロナとの獲得レースに競り勝ったかと思われたが、ここに来てシティが来年1月の加入に向けて3200万ユーロ(約37億円)の移籍金を提示。またグアルディオラ監督は、電話で本人と1時間以上も話してラブコールを送るほどの執心ぶりだという。

 また、20歳にしてブンデス強豪のシャルケでレギュラーを張るドイツ代表MFレロイ・サネについても、直接対決の様相を呈している。鋭いドリブル突破とチャンスメーク能力で昨季8得点6アシストを記録したサネについて、クラブは5000万ユーロ(約58億円)の移籍金を設定している。ただ今夏に移籍が決まらないと2017年夏には3400万ユーロ(約40億円)まで落ちるため、資金力に優れるシティへの売却ですでに合意したとも伝えられている。レアルとしては、二人の俊英アタッカーをともに取り逃がす展開だけは避けたいはずだ。

不動の司令塔と神童の引き抜きにも動く

 そしてグアルディオラ監督は、現在レアルに所属する2選手も獲得ターゲットにしているという。まずは中盤の司令塔としての地位を確立したドイツ代表MFトニ・クロースだ。抜群のゲームメイク能力はシティの中盤に欠けているピースと見ており、6000万ユーロ(約70億円)もの移籍金を用意している。ただ本人はレアル残留を希望しており、移籍実現には高い壁がありそうだ。

 弱冠16歳でレアルと契約し“神童”と言われるノルウェー人FWマーティン・エデゴーに対しても、ペップは興味を示している。エデゴーはトップチームでの練習参加を巡ってジネディーヌ・ジダン監督とフロレンティーノ・ペレス会長の間で確執が噂されているが、グアルディオラ監督はバイエルン時代にも獲得を狙った経緯がある。今も10代のうちに獲得したいとの意向を持っているという。

 かつて宿敵バルセロナを率いて黄金時代を築いたペップによって、思わぬ引き抜きに遭うのか――レアルにとっては厄介な存在であることは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/25(月) 18:52

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。