ここから本文です

メッシの代表復帰は実現するか。アルゼンチン協会会長が直々に説得へ

フットボールチャンネル 7/25(月) 10:50配信

 アルゼンチン代表引退を表明したバルセロナFWリオネル・メッシだが、アルゼンチンサッカー協会は説得を試みるようだ。24日付けスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 この夏に行われたコパ・アメリカ・センテナリオにアルゼンチン代表として出場したメッシは、決勝戦でチリ代表と対戦。2014年W杯、2015年コパ・アメリカに続き、再び決勝で敗戦した。3度目の準優勝を経験したことで「(優勝に向けて)全てを尽くしたが、無理だった。自分には向いていない」とし代表引退を表明した。

 すぐさまアルゼンチン国内ではメッシに対して引退撤回を求める運動が激化。そして、ついにアルゼンチンサッカー協会が動く事態になったようだ。アルゼンチンサッカー協会のアルマンド・ペレス会長は「今週、休暇から戻ってきたメッシと直接会って話すよ」と現地に説得に向かうことを告白した。

 全世界を震撼させたメッシの代表引退だったが、果たしてペレス会長はメッシの説得に成功するのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/25(月) 10:55

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。