ここから本文です

モイーズ氏、古巣マンUから“愛弟子”を引き抜きか。イブラ到来で背番号変更の屈辱に

フットボールチャンネル 7/25(月) 11:51配信

 デイビッド・モイーズ氏は、古巣マンチェスター・ユナイテッドからの補強を画策しているようだ。英紙『デイリーメール』が伝えている。

 サンダーランドはサム・アラダイス氏がイングランド代表監督に就任したため、後任としてモイーズ氏を招聘した。

 同紙によれば、モイーズ氏はベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイを期限付き移籍で獲得することに興味を示しているという。

 ヤヌザイは2013/14シーズンに、当時ユナイテッドを率いていたモイーズ監督のもとでデビューを飾る。初年度は27試合4得点4アシストという結果を残した。

 しかしその後は定着できず、昨季後半はドルトムントへ期限付き移籍するも、ドイツでもインパクトを残せずに半年でユナイテッドに復帰した。

 ユナイテッドでは、ライアン・ギグス氏が長年背負ってきた背番号「11」を付けていたが、今季はズラタン・イブラヒモビッチが加入したことによりその背番号も奪われてしまった。

 イブラヒモビッチが9番となり、昨季9番だったアントニー・マルシアルが11番に、11番だったヤヌザイは15番に変更となった。

 サンダーランドは昨季のプレミアリーグを17位で終え、辛うじて残留を果たしている。しかし、今季も厳しい残留争いが予想されることから、モイーズ新監督は戦力を厚くしたいと考えているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/25(月) 15:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。