ここから本文です

ミラン本田のライバルで2季前のチーム得点王が負傷 アメリカ遠征からイタリアへ帰国

Football ZONE web 7/25(月) 23:43配信

右ふくらはぎを痛めたメネズが、精密検査のため帰国と発表

 ACミランの元フランス代表FWジェレミー・メネズがアメリカ遠征中に右ふくらはぎを痛め、イタリアに戻ることが決まった。クラブが公式サイトで発表している。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 メネズは2シーズン前に16ゴールを挙げる活躍を見せたが、昨季はヘルニアの痛みにリハビリのミスが重なる受難のシーズンに。2度腰の手術を受けた影響もあり、リーグ戦10試合で2得点に終わっていた。

 今季は親善試合ボルドー戦で躍動感溢れるプレーを示し、復活に期待が集まっていた。だが、シカゴのイリノイ大学での練習中に故障。精密検査のためにイタリアに戻ると発表された。

 “偽9番”のポジションとサイドで爆発力を誇るメネズは、日本代表FW本田圭佑とポジションを争う存在。本田や元U-21スペイン代表MFスソ、コロンビア代表FWカルロス・バッカにも移籍の可能性が浮上している。昨季セリエB得点王でペスカーラから獲得したFWジャンルカ・ラパドゥーラは、故障により今回のアメリカ遠征に参戦できなかった。

 ミランの前線の状況は混沌としており、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督には頭痛の種になりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/25(月) 23:43

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革