ここから本文です

ラニエリ監督、カンテの移籍に…「みんな泣いている」。2年連続の主力流出に涙

フットボールチャンネル 7/25(月) 17:10配信

 レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は、昨季のチームの“心臓”を抜かれたことに涙を流しているようだ。英放送局『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 降格候補筆頭とまでいわれながらプレミアリーグ制覇を成し遂げ、「奇跡」と称賛を集めたレスターだが、この夏には守備の要だったフランス代表MFエンゴロ・カンテがチェルシーに移籍している。

 昨季も開幕前に元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソが移籍しており、レスターは2年連続で守備的な中盤を失っている。ラニエリ監督は主力の退団を嘆く一方、今季の戦いにも自信をのぞかせている。

「昨季、我々はカンビアッソを失って涙を流した。そして今季はカンテを失って泣いているよ。だが心配しないでほしい。レスターのフットボールは続いていく」

 今季はプレミア王者として新たなシーズンを迎えるレスターだが、主力選手の流出を懸念されている。

 ジェイミー・ヴァーディーはアーセナル移籍寸前のところで契約を延長したが、昨季リーグMVPに輝いたリヤド・マフレズの移籍が囁かれている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/25(月) 17:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。