ここから本文です

久保建英は後半から投入も不発。FC東京、ユース選手権の初戦は甲府とスコアレス発進

フットボールチャンネル 7/25(月) 18:02配信

 第40回日本クラブユースサッカー選手権大会が25日に開幕し、FC東京はグループステージ初戦でヴァンフォーレ甲府と対戦した。

 FC東京は松岡瑠夢、半谷陽介、平川怜らが先発。一方で、久保建英はベンチから出番を伺う。

 試合は序盤からFC東京がボールを支配するも、ゴール前で人数をかけてがっちりと守備を固めた甲府のゴールをこじ開けられない。DFの裏を狙うロングボールやサイドからエリア内に侵入してチャンスを狙うも、相手の体を張った守備にシュートまでたどり着けない。結局前半はゲームの主導権を握っていたものの、シュート0本に終わる。

 ハーフタイムで、佐藤一樹監督は、「切り替えの速さや球際の激しさ、ゴール前にパワーをかけていくエネルギーといったサッカーの本質的な部分や、(FC東京の持ち味である)スピード感をもっと出していかなければいけない」と選手たちに指示。

 そして、後半からFC東京は久保建英を投入。「相手がゴール前の枚数が多かったのでどうしてもクオリティーでこじ開けに行かなければいけない部分があった」と、久保のプレーの質に期待を寄せた。

 しなやかなドリブル、相手の股を抜いたパス、相手から簡単にボールを奪ってドリブルで仕掛けるなど、久保のゴール前でのアイデアあふれるプレーもあり、FC東京は甲府を終始圧倒。だが後半は、シュート6本を打ちながらも、甲府の堅い守備を最後までこじ開けることはできず、スコアレスドローに終わった。

 試合後、佐藤監督は「後半は特に押し込んでいたので、後は点を獲れればという感じだったが、点だけが獲れなかった」と悔しがったが、「こういう厳しいゲームを通して明日以降にどういう変化を選手たちが見せてくれるのかの方が大事。ポジティブにとらえて、明日以降にしっかりつなげたい」とグループステージ突破に向け、選手の成長に期待した。

 FC東京は次節に大分トリニータと対戦し、最終節でヴィッセル神戸と対戦する。グループステージは4チームによって行われ、上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

フットボールチャンネル

最終更新:7/25(月) 18:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)