ここから本文です

インテル指揮官、クラブとの関係悪化続く。補強方針での相違により辞任が近づく?

フットボールチャンネル 7/25(月) 19:40配信

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのロベルト・マンチーニ監督は、クラブとの関係が一向に良くなる気配が感じられないことから辞任を考えているようだ。24日にイタリアメディア『スカイ・スポルト』が報じている。

 クラブが行う補強に対してマンチーニ監督の不満は日に日に増しているようだ。同監督の意思とクラブの決断が一致する合意点を見つける必要があり、前日の23日にエリック・トヒル会長がアメリカへ到着。そこで両者は補強方針について話し合った。

 マンチーニ監督は、少なくともローマやナポリとの差を縮めるためにクラブに投資をしてもらいたがっている。しかしクラブは、若い選手を中心とした将来性のある補強をする方針を示しており、直ぐにタイトルを獲れるようなチーム作りをしたがっているマンチーニ監督との相違となっている。

 そこでマッシモ・モラッティ前会長が同日、「今から代役を探すことはとても難しいためにマンチーニ監督を残留させることがベストチョイスだ」とトヒル会長へアドバイスをしたという。そして、同監督が漏らした不満や辞任さえも考えたとされる状況をクラブと明確にするために、ピエロ・アウジリオSDがツアーを行っているアメリカを出発している。

 これからの数日間にマンチーニ監督が続投するか辞任するかの決断を下すとみられている。インテルはこの状況から上手く切り抜けたいようだが、唯一の方法は、同監督を納得させるような補強をすることしかない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/25(月) 19:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。