ここから本文です

映画『ケンとカズ』:長谷川和彦監督も絶賛する、等身大のフィルムノワール

ローリングストーン日本版 7/25(月) 16:30配信

男と男の関係は理屈では割り切れないものがある。

自動車工場で働くケンとカズは、高校時代からの腐れ縁。ケンは妊娠した恋人と再出発するため、カズは認知症の母親を施設にいれるために、覚醒剤の密売に手を出していていた。そんななか、カズは敵対する密売グループに話を持ちかけて、独自に覚醒剤を売りさばこうとする。そして、そんなカズの暴走にケンは巻き込まれ、ふたりは窮地に陥ることに。

【映像あり】映画『ケンとカズ』:長谷川和彦監督も絶賛する、等身大のフィルムノワール

地方都市の閉鎖的なコミュニティのなか、自分の今いる場所から少しでも抜け出るために、ありあわせの可能性に賭ける男たち。でも、そこにはいつも醒めた絶望感が漂っている。常に緊張感を漂わせながらも。離れられないケンとカズを結びつける絆は何なのか。監督は本作が初長編となる新鋭、小路紘史。キャストは全員無名ながらもリアリティがあり、爆発しそうな感情を秘めながらも語り口は穏やかで、そこには深い悲哀が滲んでいる。鬼才、長谷川和彦監督も絶賛する本作は、新しい才能の誕生を予感させる等身大のフィルムノワールだ。

『ケンとカズ』
★★★

監督/小路紘史
出演/カトウシンスケ、毎熊克哉ほか
7月30日(土)より、ユーロスペースほか全国順次公開
http://www.ken-kazu.com

(C)『ケンとカズ』製作委員会

Yasuo Murao

最終更新:7/25(月) 16:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。