ここから本文です

「北極圏のパリ」と呼ばれる街は オーロラや白夜を堪能する旅の拠点

CREA WEB 7/25(月) 12:01配信

Magnificent View #1028トロムソ(ノルウェー)

 トロムソはノルウェー北部の都市。夏は白夜、冬はオーロラを観ようと、世界じゅうから観光客が訪れている。

 ここは北極圏内に位置しているものの、メキシコ湾流の影響で、同じ緯度のほかの地域に比べると気候は穏やかで、最も寒い1月でも最低気温はマイナス6度前後。そうした気候も、オーロラの観賞地として人気を集めている理由だ。

 ご覧の風景は、北極圏の玄関口でもあるトロムソ港。港を見守るようにして立つ三角屋根の白い建物は、巨大なステンドグラスが美しいトロムスダーレン教会だ。

 港に近いメインストリート周辺は、「北欧のパリ」とも呼ばれるほど華やかな雰囲気。世界最北の総合大学があるほか、ビアパブ、シーフードレストランも多く、つねに賑わっている。

芹澤和美

最終更新:7/25(月) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。